同時に確立できるデータベース接続の最大数を構成できます。vCenter Server データベースの増大を制限してストレージ領域を節約するため、タスクやイベントに関する情報を定期的に削除するようにデータベースを構成できます。

このタスクについて

注:

vCenter Server のタスクおよびイベントの完全な履歴を保持する場合は、データベース保持オプションを使用しないでください。

手順

  1. vSphere Web Client で、vCenter Server インスタンスに移動します。
  2. 管理 タブを選択します。
  3. 設定 で、全般 を選択します。
  4. Edit をクリックします。
  5. データベース を選択します。
  6. 最大接続数 に、数値を入力します。

    vCenter Server システムで多数の処理を頻繁に実行し、そのパフォーマンスが重要な場合、この数値を増加してください。データベースが共有されていて、データベースへの接続にコストがかかる場合は、この数値を減少してください。これらの問題のいずれかがシステムで発生している場合を除いて、この値を使用しないでください。

  7. [タスクのクリーンアップ] の横にある 有効化 チェック ボックスを選択して、保持されたタスクが vCenter Server により定期的に削除されるようにします。
  8. (オプション) : タスクの保持期限 に、日数の値を入力します。

    この vCenter Server システムで実行されたタスクの情報は、指定した日数の経過後に破棄されます。

  9. [イベントのクリーンアップ] の横にある 有効化 チェック ボックスを選択して、保持されたイベントが vCenter Server により定期的にクリーンアップされるようにします。
  10. (オプション) : イベントの保持期限 に、日の値を入力します。

    この vCenter Server システムのイベントの情報は、指定した日数の経過後に破棄されます。

  11. OK をクリックします。