vSphere 6.0 では、ライセンス サービスが Platform Services Controller の一部になっており、このサービスにより vSphere および vSphere と統合される製品に対して一元的なライセンス管理およびレポート作成機能を提供します。

ライセンス サービスは、新規インストールした vSphere 6.0 環境、または vSphere 5.x から vSphere 6.0 にアップグレードされた環境で使用できます。vCenter Server 5.x のライセンス管理から vSphere 6.0 のライセンス サービスへのアップグレードの詳細については、『vSphere のアップグレード』ガイドを参照してください。

ライセンス サービスでは、vSphere 環境におけるライセンスのインベントリを提供し、ESXi ホスト、vCenter Server システム、および Virtual SAN が有効なクラスタのライセンス割り当てを管理します。ライセンス サービスではまた、vRealize Operations Manager や VMware Site Recovery Manager などの vSphere と統合される製品のライセンス割り当ても管理します。

使用する vSphere 環境に、1 つの vCenter Single Sign-On ドメインを介して結合される Platform Services Controller がいくつか存在する場合、ライセンス インベントリはすべての Platform Services Controller で複製されます。この方法により、各資産のライセンス データとすべての使用可能なライセンスがすべての Platform Services Controller で複製されます。個々の Platform Services Controller には、Platform Services Controller のすべてのデータおよびライセンスのコピーが含まれています。

注:

ライセンス データは、複数の Platform Services Controller に渡って 10 分間隔で複製されます。

たとえば、それぞれ 4 つの vCenter Server システムに接続された 2 つの Platform Services Controller で使用環境が構成されており、すべての vCenter Server システムにそれぞれ 10 台のホストが接続されているとします。ライセンス サービスでは、8 つすべての vCenter Server システムのライセンス割り当ておよび使用量に関する情報、およびそれらのシステムに接続されている 80 のホストに関する情報が保存されます。ライセンス サービスにより、8 つすべての vCenter Server システムのライセンス、および vSphere Web Client によってそれらのシステムに接続されている 80 のホストを管理することもできます。