一般的な VMware vSphere データセンターは、基本的な物理要素(x86 仮想化サーバ、ストレージ ネットワークおよびアレイ、IP ネットワーク、管理サーバ、デスクトップ クライアントなど)で構成されます。

vSphere データセンターのトポロジを構成するコンポーネントは次のとおりです。

コンピューティング サーバ

業界標準の x86 サーバで、ベア メタルで ESXi を実行します。ESXi ソフトウェアは仮想マシンにリソースを提供し、仮想マシンを実行します。仮想環境では、各コンピューティング サーバはスタンドアロン ホストと呼ばれます。同様に構成された複数の x86 サーバを同一のネットワークおよびストレージ サブシステムに接続してグループ化し、クラスタと呼ばれる仮想環境内のリソースの統合セットを構築できます。

ストレージ ネットワークおよびアレイ

ファイバ チャネル SAN アレイ、iSCSI SAN アレイ、および NAS アレイは、広く使用されているストレージ テクノロジーで、データセンター ストレージのさまざまなニーズに対応できるように VMware vSphere によってサポートされています。ストレージ アレイは、ストレージ エリア ネットワークを介してサーバのグループに接続され、共有されます。この配置によってストレージ リソースの集約が可能となるため、仮想マシンへプロビジョニングする場合に高い柔軟性が実現します。

IP ネットワーク

各コンピューティング サーバに複数の物理ネットワーク アダプタを装備すれば、広域バンド幅が実現し、VMware vSphere データセンター全体で信頼性の高いネットワークを利用できます。

vCenter Server

vCenter Server はデータセンターにとっての単一制御ポイントです。アクセス コントロール、パフォーマンス監視、構成など、データセンターの基幹サービスを提供します。個々のコンピューティング サーバのリソースを統合し、データセンター全体の仮想マシン間でそのリソースを共有できるようになります。これは、システム管理者が設定するポリシーに基づき、コンピューティング サーバへの仮想マシン割り当てを管理したり、コンピューティング サーバにある仮想マシンへのリソース割り当てを管理したりすることにより実現されています。

コンピューティング サーバは、たとえばネットワークが切断されて vCenter Server がアクセス不能になるという予想外のイベントが発生しても、引き続き機能します。この場合、サーバは個別に管理でき、最後に設定されたリソース割り当てに基づいて割り当てられた仮想マシンを継続して実行します。vCenter Server への接続がリストアされると、vCenter Server でデータセンター全体を再び管理できます。

管理クライアント

VMware vSphere には、データセンター管理用と仮想マシン アクセス用のインターフェイスが複数用意されています。これらのインターフェイスには、Web ブラウザを介してアクセスするための vSphere Web Client、または vSphere コマンドライン インターフェイス (vSphere CLI) が含まれています。