コールド移行は、クラスタ、データセンター、および vCenter Server インスタンスのホスト間でパワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンを移行することです。コールド移行を使用して、データストアから別のデータストアに関連付けられたディスクを移動することもできます。

コールド移行を使用すると、vMotion を使用する場合と比較して、ターゲット ホストに対するチェック要件を低く抑えることができます。たとえば、仮想マシンに複雑なアプリケーション設定があり、別のホストへの仮想マシンの移動が vMotion 中の互換性チェックで阻害される可能性がある場合にコールド移行を使用します。

コールド移行プロセスを開始する前に、仮想マシンをパワーオフまたはサスペンド状態にする必要があります。サスペンド状態の仮想マシンの移行は、仮想マシンがパワーオンされていても動作していないため、コールド移行とみなします。

コールド移行中の CPU の互換性チェック

64 ビットのオペレーティング システムで構成されているパワーオフ状態の仮想マシンを、64 ビットのオペレーティング システムをサポートしていないホストに移行しようとすると、vCenter Server が警告を表示します。その他、CPU の互換性チェックは、パワーオフ状態の仮想マシンをコールド移行で移行する場合には適用されません。

サスペンド状態の仮想マシンを移行するときは、仮想マシンの新しいホストが CPU 互換性の要件を満たしている必要があります。これは、仮想マシンが新しいホストで実行をレジュームできる必要があるからです。

コールド移行中の操作

コールド移行では、次の操作が実行されます。

  1. 別のデータストアに移動するオプションを選択すると、NVRAM ファイル (BIOS 設定) などの構成ファイル、ログ ファイル、サスペンド ファイルは、ソース ホストからターゲット ホストの関連するストレージ領域に移動されます。仮想マシンのディスクを移動する操作も選択できます。

  2. 仮想マシンが新しいホストに登録されます。

  3. 別のデータストアに移動するオプションを選択した場合は、移行が完了した後、ソース ホストおよびデータストアから古いバージョンの仮想マシンが削除されます。

コールド移行のネットワーク トラフィック

デフォルトでは、仮想マシンのコールド移行、クローン作成、およびスナップショットのデータは、管理ネットワーク経由で転送されます。このトラフィックは、プロビジョニング トラフィックと呼ばれます。これは暗号化されませんが、データのランレングス エンコードが使用されます。

ホストで、個別の VMkernel ネットワーク アダプタをプロビジョニング トラフィック専用にして、このトラフィックを別の VLAN で隔離するなどの操作を行うことができます。ホストで、1 つの VMkernel アダプタのみをプロビジョニング トラフィック用に割り当てることができます。個別の VMkernel アダプタでのプロビジョニング トラフィックの有効化の詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。

管理ネットワークで対応できない大量の仮想マシン データを転送する場合や、コールド移行トラフィックを管理ネットワークとは異なるサブネットで隔離する場合(長距離の移行を行う場合など)、ホストのコールド移行トラフィックを、パワーオフ状態の仮想マシンのコールド移行およびクローン作成専用の TCP/IP スタックにリダイレクトします。プロビジョニング TCP/IP スタックへのコールド移行、クローン作成、およびスナップショットのトラフィックの配置 を参照してください。