EVC (Enhanced vMotion Compatibility) 機能を使用すると、1 つのクラスタのホスト間で vMotion の互換性を確保するのに役立ちます。ホスト上の実際の CPU が異なる場合でも、EVC によって 1 つのクラスタ内のすべてのホストが確実に同じ CPU 機能セットを仮想マシンに提供するようになります。EVC を使用すると、CPU の互換性がないことが原因で vMotion での移行が失敗することがなくなります。

クラスタ設定ダイアログ ボックスで EVC を構成します。EVC を構成するときに、クラスタのすべてのホスト プロセッサがベースライン プロセッサの機能セットを提供するように構成します。このベースライン機能セットを、EVC モードと呼びます。EVC は、AMD-V Extended Migration テクノロジー (AMD ホストの場合) および Intel FlexMigration テクノロジー (Intel ホストの場合) を利用して、プロセッサが前の世代の機能セットを提供できるように、プロセッサ機能をマスクします。EVC モードは、クラスタ内で最小の機能セットを持つホストの機能セットと同じものか、そのサブセットにする必要があります。

EVC は、vMotion の互換性に影響を与える、これらのプロセッサ機能のみをマスクします。EVC を有効にしても、プロセッサ速度の向上、CPU コア数の増加、または最近のホストで利用可能なハードウェア仮想化のサポートといったメリットが仮想マシンから失われることはありません。

EVC は、どのような状況であっても、マスクされた CPU 機能に仮想マシンがアクセスしないようにすることはできません。CPU ベンダーが推奨する機能検出方法に準拠していないアプリケーションは、EVC 環境で予期しない動作をすることがあります。VMware EVC は、CPU ベンダーの推奨に従わず、正常でない動作をするアプリケーションをサポートできません。正常に動作するアプリケーションの作成については、当社のナレッジ ベースの記事 「Detecting and Using New Features in CPUs (CPU の新機能の検出と使用)」 を参照してください。