クラスタは、ホストのグループです。クラスタにホストが追加されると、そのホストのリソースはクラスタのリソースの一部になります。クラスタは、そのクラスタ内のすべてのホストのリソースを管理します。クラスタによって、vSphere High Availability (HA)、vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS)、および VMware Virtual SAN の機能が有効になります。

始める前に

  • クラスタ オブジェクトを作成するのに必要な権限を持っていることを確認します。

  • データセンターまたはデータセンター内のフォルダがインベントリ内に存在することを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータでデータセンターを参照します。
  2. データセンターを右クリックし、新規クラスタ を選択します。
  3. クラスタの名前を入力します。
  4. DRS と vSphere HA クラスタ機能を選択します。

    オプション

    説明

    クラスタで DRS を使用するには、次の手順に従います。

    1. DRS をオンにする チェック ボックスをオンにします。

    2. 自動化レベルと移行のしきい値を選択します。

    クラスタで HA を使用するには、次の手順に従います。

    1. vSphere HA をオンにする チェック ボックスを選択します。

    2. ホスト監視およびアドミッション コントロールを有効にするかどうかを選択します。

    3. アドミッション コントロールを有効にする場合は、ポリシーを指定します。

    4. 仮想マシン監視オプションを選択します。

    5. 仮想マシンの監視感度を指定します。

  5. Enhanced vMotion Compatibility (EVC)の設定を選択します。

    ホスト上の実際の CPU が異なる場合でも、EVC によって 1 つのクラスタ内のすべてのホストが確実に同じ CPU 機能セットを仮想マシンに提供するようになります。これにより、互換性のない CPU が原因で vMotion での移行が失敗することがなくなります。

  6. Virtual SAN クラスタの機能を選択します。
    1. Virtual SAN の オンにする チェック ボックスを選択します。
    2. Virtual SAN クラスタにディスクを自動的に追加するか、手動で追加するかを選択します。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

クラスタがインベントリに追加されます。

次のタスク

クラスタにホストを追加します。

vSphere HA の構成の詳細については、『vSphere の可用性』 を参照してください。vSphere DRS の構成の詳細については、『vSphere リソース管理』 を参照してください。Virtual SAN の詳細については、『VMware Virtual SAN の管理』を参照してください。