ESXi は、4 つの異なるシリアル ポート モード間の動的な切り替えをサポートしています。

ESXi は、プラットフォームの柔軟性を最大限にするため、および現場でのデバッグや支援性に対応できるようにするため、シリアル モードの動的な切り替えをサポートしています。ESXi は、シリアル ポート モードに対する入力文字を調べ、入力されたキー シーケンスに基づいてモードを切り替えます。DCUI、Shell、GDB およびログの各モードがサポートされています。2 つのシリアル ポートがある場合、各ポートで使用できるのは、4 つモードのうち 1 つのモードのみです。つまり、両方のシリアル ポートは同じモードで動作できません。他のシリアル ポートで使用されているモードに動的に切り替えようとすると、その要求は無視されます。動的切り替えにより、起動プロセスを手動で中断したり、シリアル ポートにリダイレクトするためのカスタム イメージを作成したりする必要がなくなります。また、動的切り替えでは、異なる処理モード間でのシリアル ポートの切り替えを可能にすることで、シリアル ポートが 1 つしかないヘッドレス システムの支援性の問題にも対処します。