次の手順を使用して、Microsoft Cluster Service (MSCS) を vCenter Server の可用性ソリューションとして設定します。

始める前に

vCenter Server の可用性を確保するために MSCS を設定するには、次のいずれかのゲスト OS を使用して仮想マシン (VM) を作成しておく必要があります。

  • Windows 2008 SP2

  • Windows 2012 R2 Datacenter

また、2 つの Raw デバイス マッピング (RDM) ディスクをこの仮想マシンに追加する必要もあります。これらのディスクはマウントする必要があります。また、ディスクの追加時に、バス共有オプションが物理に設定されている個別の SCSI コントローラを作成する必要があります。また、RDM ディスクは独立型通常ディスクである必要があります。

図 1. vCenter Server の可用性を確保するための MSCS クラスタ
vCenter Server の可用性を確保するための MSCS クラスタ
注:

vCenter Server の可用性ソリューションとしての MSCS は、vCenter Server の管理ノード(M ノード)にのみ提供されます。インフラストラクチャ ノードの場合、顧客は複数の N ノードをデプロイして高可用性を確保する必要があります。MSCS の保護のために M ノードと N ノードの両方を同じ仮想マシンに設定することはできません。

手順

  1. 仮想マシンをパワーオンします。
  2. 2 つの RDM ディスクをフォーマットして、ドライブ文字を割り当て、MBR に変換します。
  3. Windows > サーバー マネージャー > 機能 を使用して、.net をインストールします。
  4. vCenter Server をいずれかの RDM ディスクにインストールします。
  5. vCenter Server の起動オプションを手動に設定します。
  6. 仮想マシンをパワーオフします。
  7. RDM ディスクを分離します。

    RDM ディスクの分離は、完全な削除ではありません。ディスクから削除 を選択したり、vmdk ファイルを削除したりしないでください。

  8. 仮想マシンのクローンを作成し、オペレーティング システムのカスタマイズ オプションを選択して、クローンに一意の ID を設定します。

    デフォルトの sysrep ファイルまたはカスタム sysrep ファイルのいずれかで一意の ID を作成します。

  9. 両方の仮想マシンに共有 RDM を接続します。
  10. 両方の仮想マシンをパワーオンします。
  11. 最初の仮想マシン (VM1) のホスト名および IP アドレスを変更します。

    vCenter Server を VM1 にインストールしたときに使用した元の IP アドレスおよびホスト名を書き留めます。この情報は、クラスタ ロール IP を割り当てるために使用されます。

  12. フェールオーバー クラスタリング を両方のノードにインストールします。
  13. 両方のノードをクラスタに含めて MSCS クラスタを VM1 に作成します。また、新しいクラスタの検証オプションも選択します。
  14. クラスタ ロールまたはサービスを作成し、すべての vCenter Server サービスを 1 つずつ追加します。手順 11 の IP アドレスおよびホスト名をロールまたはサービスに使用します。

タスクの結果

vCenter Server の可用性をサポートできる MSCS クラスタを作成しました。

次のタスク

MSCS クラスタを作成したら、vCenter Server をホストしている仮想マシン (VM1) をパワーオフして、フェイルオーバーが発生することを確認します。数分以内に、もう一方の仮想マシン (VM2) でサービスが実行されます。