vCenter Server の可用性を実現する方法の 1 つとして、vSphere HA クラスタでウォッチドッグ機能を使用します。

vSphere HA は、vCenter Server を使用して、クラスタ レベルで構成されます。vSphere HA は有効化されると、ホストおよび仮想マシン (VM) を監視して、vCenter Server が使用可能かどうかにかかわらず、ユーザーが構成した操作を実行します。vSphere HA の詳細とクラスタの設定要件については、『vSphere 可用性ガイド』を参照してください。

注:

vSphere 6.x 以降、vCenter Server Heartbeat は廃止されます。ウォッチドッグと vSphere HA オプションがこの技術に代わり、vCenter Server の可用性を実現します。

vCenter Server Appliance を使用している場合は、MSCS クラスタの代わりにこのオプションを使用する必要があります。

vCenter Server を保護するためのクラスタ推奨事項

vCenter Server データベース サーバを保護して vCenter Server の可用性を実現するために使用する、vSphere HA および vSphere DRS クラスタを構成する際は、この推奨事項に従ってください。

  • すべてのデータベース サーバを、専用の管理クラスタに配置します。

  • vSphere DRS については、仮想マシンとホストの非アフィニティ ルールを作成して、データベース サーバが同一ホストで動作しないようにします。

  • サーバがパワーオン状態のときは、vSphere DRS の ForceAffinePoweron 詳細オプションを 1 に設定すると、vSphere DRS ルールを厳密に実施できます。

  • vSphere HA でホストと仮想マシン両方の監視を有効にします。

  • クラスタの vSphere HA アドミッション コントロールを有効化して、適切に構成します。

  • vCenter Server データベースをホストしている仮想マシンの再起動優先順位を [高] に設定します。