オプションの vCenter Server コンポーネントは、基本製品にパッケージされて同時にインストールされますが、別個にライセンスが必要な場合もあります。

オプションの vCenter Server 機能には、次のものがあります。

vMotion

サービスを中断せずに、実行中の仮想マシンをある ESXi ホストから別の ESXi ホストに移動できる機能。ソース ホストとターゲット ホストの両方にライセンスが必要です。vCenter Server は、すべての vMotion アクティビティを一元的に調整します。

Storage vMotion

サービスを中断せずに、実行中の仮想マシンのディスクおよび構成ファイルをデータストア間で移動できる機能。仮想マシンのホストにライセンスが必要です。

vSphere HA

クラスタに高可用性を提供する機能。ホストが停止すると、そのホスト上で稼動中だったすべての仮想マシンが、すぐに同じクラスタ内の別のホストで再起動されます。

クラスタで vSphere HA を有効にするときは、復元可能なホストの数を指定します。許容するホスト障害数を 1 に指定した場合、vSphere HA はホスト 1 台分の障害を許容するのに十分なキャパシティをクラスタ全体で保持します。このホストで実行中のすべての仮想マシンは、残りのホストで再起動できます。デフォルトでは、必要なフェイルオーバー キャパシティを下回った場合には仮想マシンをパワーオンできません。詳細については、『vSphere Availability』ドキュメントを参照してください。

vSphere DRS

すべてのホストおよびリソース プールでのリソース割り当ておよび消費電力を改善する機能。vSphere DRS はクラスタ内のすべてのホストおよび仮想マシンのリソース使用状況に関する情報を収集し、次のいずれかの場合に推奨を表示したり仮想マシンを移行したりします。

  • 初期配置:クラスタ内ではじめて仮想マシンをパワーオンした場合、DRS は仮想マシンを配置するか、推奨を表示します。

  • ロード バランシング:DRS は、仮想マシンを自動的に移行 (vMotion) したり、仮想マシンの移行を推奨したりすることによって、クラスタ全体におけるリソース使用率を向上しようとします。

vSphere DRS には DPM (Distributed Power Management) 機能が含まれています。DPM を有効にすると、クラスタ レベルおよびホスト レベルでの容量と、クラスタ内で稼働している仮想マシンの需要が比較されます。その比較結果に基づいて、DPM はクラスタの消費電力を削減する操作を推奨または実施します。

ストレージ DRS

複数のデータストアを単一のコンピューティング リソースとして管理することを可能にする機能。データストア クラスタと呼ばれています。データストア クラスタは、複数のデータストアを負荷分散された 1 つの論理プールに統合したものです。リソース管理の目的で、データストア クラスタを単一の柔軟なストレージ リソースとして操作できます。仮想ディスクをデータストア クラスタに割り当てることが可能で、Storage DRS は、自身が必要とする適切なデータストアを見つけます。負荷測定に基づいて、ロード バランサーが初期配置と後の移行を担当します。ストレージ容量や I/O のバランシングによって、領域不足のリスクや、仮想マシンのパフォーマンスを低下させる I/O ボトルネックのリスクが最小限に抑えられます。

vSphere フォールト トレランス

vSphere フォールト トレランスは、フェイルオーバーが発生したときに、プライマリ仮想マシンと同じセカンダリ仮想マシンを作成および保持し、継続してプライマリ仮想マシンの代わりに使用できるようにして、仮想マシンに対して継続的な可用性を実現します。