異なる CPU 機能セットを持つホスト間での CPU の互換性を向上させるために、ホストを Enhanced vMotion Compatibility (EVC) クラスタに置いて、ホスト CPU の機能の一部を仮想マシンから隠すことができます。EVC クラスタのホストと既存の EVC クラスタに追加するホストは EVC 要件を満たしている必要があります。

  • 有効にする EVC モードよりも優れた機能セットを持つホストで実行されているクラスタ内のすべての仮想マシンがパワーオフされている。また、これらの仮想マシンをクラスタから移行することもできます。

  • クラスタ内のすべてのホストは、次の要件を満たしている必要があります。

要件

説明

サポートされる ESXi バージョン

ESXi 5.0 以降。

vCenter Server

ホストが vCenter Server システムに接続されている必要があります。

CPU

単一のベンダー (AMD または Intel)。

高度な CPU 機能の有効化

BIOS で次の CPU 機能を有効にします (使用できる場合)。

  • ハードウェア仮想化のサポート (AMD-V または Intel VT)

  • AMD No eXecute (NX)

  • Intel eXecute Disable (XD)

注:

ハードウェアのベンダーによっては、BIOS の特定の CPU 機能がデフォルトで無効な場合があります。この場合、EVC 互換性チェックで、特定の CPU に存在するはずの機能が検出できず、EVC の有効化に問題が発生することがあります。互換プロセッサのシステムで EVC を有効にできない場合は、BIOS ですべての機能が有効であることを確認します。

有効にする EVC モードに対応した CPU

特定のプロセッサまたはサーバ モデルについて EVC サポートを確認するには、『VMware 互換性ガイド』(http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php)を参照してください。

vMotion 用の構成

vMotion のホスト構成を参照してください。