SNMP v3 は、オプションとして認証およびプライバシー プロトコルをサポートしています。

このタスクについて

認証は、ユーザーの ID を確認するために使用します。プライバシーを使用すると、SNMP v3 メッセージを暗号化してデータの機密性を保証できます。プライバシー プロトコルは、セキュリティのためにコミュニティ文字列を使用する SNMP v1 および v2c より高いレベルのセキュリティを備えています。

認証およびプライバシーは、どちらもオプションです。ただし、プライバシーを有効にする場合は、認証を有効にする必要があります。

SNMP v3 の認証およびプライバシー プロトコルはライセンス供与されている vSphere 機能であり、一部の vSphere エディションでは使用できない可能性があります。

手順

  1. アプライアンス シェルにアクセスして、管理者ロールまたはスーパー管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。

    スーパー管理者ロールが割り当てられているデフォルトのユーザーは root です。

  2. (オプション) : snmp.set --authentication コマンドを実行して、認証を構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.set --authentication protocol

    ここで protocol には、none (認証なし)、SHA1、または MD5 のいずれかを指定します。

  3. (オプション) : snmp.set --privacy コマンドを実行して、プライバシー プロトコルを構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.set --privacy protocol

    ここで protocol には、none (プライバシーなし)または AES128 を指定します。