SNMP v3 情報にアクセスできるユーザーを、5 人まで構成できます。ユーザー名は、32 文字以下である必要があります。

始める前に

  • ユーザーを構成する前に、認証プロトコルとプライバシー プロトコルが構成されていることを確認します。

  • 構成する各ユーザーの認証パスワードとプライバシー パスワードがわかっていることを確認します。パスワードは 7 文字以上でなければなりません。これらのパスワードを、ホスト システムのファイルに保存します。

このタスクについて

ユーザーの構成中、ユーザーの認証パスワードおよびプライバシー パスワードと SNMP エージェントのエンジン ID に基づいて、認証およびプライバシーのハッシュ値を生成します。ユーザーの構成後、エンジン ID、認証プロトコル、またはプライバシー プロトコルを変更した場合、ユーザーは無効になり、再構成が必要になります。

手順

  1. アプライアンス シェルにアクセスして、管理者ロールまたはスーパー管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。

    スーパー管理者ロールが割り当てられているデフォルトのユーザーは root です。

  2. 認証またはプライバシーを使用している場合は、snmp.hash --auth_hash --priv_hash コマンドを実行して、ユーザーの認証およびプライバシーのハッシュ値を取得します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.hash  --auth_hash secret1 --priv_hash secret2

    ここで secret1 はユーザーの認証パスワードが含まれるファイルへのパスで、secret2 はユーザーのプライバシー パスワードが含まれるファイルへのパスです。または、フラグ --raw-secret を指定し、コマンド ラインで直接パスワードを指定することもできます。

    認証とプライバシーのハッシュ値が表示されます。

  3. snmp.set --users を実行して、ユーザーを構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.set --users userid/authhash/privhash/security

    コマンドのパラメータは次のとおりです。

    パラメータ

    説明

    userid

    ユーザー名で置き換えます。

    authhash

    認証ハッシュ値で置き換えます。

    privhash

    プライバシー ハッシュ値で置き換えます。

    セキュリティ

    ユーザーに対して有効なセキュリティ レベルで置き換えます。auth (認証のみ)、priv (認証とプライバシー)、none (認証もプライバシーもなし)のいずれかを指定できます。