さまざまなキーボード ショートカットを使用して、アプライアンスの Bash シェルでコマンドを入力および編集できます。

表 1. キーボード ショートカットと機能

キーボードのショートカット

詳細

タブ

現在入力中のコマンドを補完します。コマンド名の一部を入力して Tab キーを押すと、システムによってコマンド名が補完されます。

入力した一連の文字に一致するコマンドを表示するには、1 文字入力するたびに Tab キーを押します。

Enter (コマンド ラインで)

入力したコマンドを実行します。

Enter ( --More-- プロンプトで)

出力の次ページを表示します。

Delete または Backspace

カーソルの左側の文字を削除します。

左矢印または Ctrl+B

カーソルを 1 文字だけ左に移動します。

複数行にまたがるコマンドを入力する場合は、左矢印または Ctrl-B キーを押すことで、コマンドの先頭に戻ることができます。

右矢印または Ctrl+F

カーソルを 1 文字だけ右に移動します。

Esc、B

カーソルを 1 語分だけ前に戻します。

Esc、F

カーソルを 1 語分だけ先に進めます。

Ctrl+A

カーソルをコマンド ラインの先頭に移動します。

Ctrl+E

カーソルをコマンド ラインの末尾に移動します。

Ctrl+D

カーソル位置の文字を削除します。

Ctrl+W

カーソルの次の語を削除します。

Ctrl+K

行のカーソル位置以降を削除します。Ctrl+K を押すと、現在のカーソル位置からコマンド ラインの末尾までのすべての文字が削除されます。

Ctrl+U または Ctrl+X

行のカーソル位置より前方を削除します。Ctrl+U を押すと、コマンド ラインの先頭から現在のカーソル位置までのすべての文字が削除されます。

Ctrl+T

カーソルの左側の文字とカーソル位置にある文字を交換します。

Ctrl+R または Ctrl+L

システム プロンプトとコマンド ラインを表示します。

Ctrl+V または Esc、Q

次のキーストロークを、編集キーではなくコマンド入力として処理するようシステムに指示するコードを挿入します。

上矢印または Ctrl+P

履歴バッファ内のコマンドを呼び出します。最後に実行したコマンドが最初に呼び出されます。

下矢印または Ctrl+N

上矢印または Ctrl+P を使用してコマンドを呼び出した後、履歴バッファ内の最後に実行したコマンドに戻ります。

Ctrl+Y

削除バッファ内の最後に格納されたエントリを呼び出します。削除バッファには、切り取りまたは削除操作の対象となった最後の 10 項目が格納されています。

Esc、Y

削除バッファ内の次のエントリを呼び出します。削除バッファには、切り取りまたは削除操作の対象となった最後の 10 項目が格納されています。最初に Ctrl+Y を押して最後のエントリを呼び出してから、Esc、Y を最大 9 回連続押下することで、バッファ内の残りのエントリが呼び出します。

Esc、C

カーソル位置にある文字を大文字に変換します。

Esc、U

カーソル位置にある単語を構成するすべての文字を(つまり、次のスペースまで)大文字に変換します。

Esc、L

単語の中の大文字を、カーソル位置からその単語の末尾まで小文字に変換します。