vCenter Server Appliance は、DHCP サーバからネットワーク設定を取得できます。また、固定 IP アドレスを使用することもできます。ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスで、vCenter Server Appliance のネットワーク設定を変更できます。IPv4、IPv6、および DNS 構成を変更できます。

始める前に

アプライアンスの IP アドレスを変更する場合は、アプライアンスのシステム名が完全修飾ドメイン名 (FQDN) であることを確認します。アプライアンスのデプロイ中にシステム名として IP アドレスを設定すると、システム名がプライマリ ネットワークの識別子として使用されるので、デプロイ後に IP アドレスを変更できなくなります。

手順

  1. vCenter Server Appliance のダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスにログインします。
  2. 管理ネットワークの構成 を選択して、Enter を押します。
  3. IP 構成 で、IPv4 設定を変更します。

    オプション

    説明

    動的 IP アドレスおよびネットワーク構成を使用

    ネットワークに使用可能な DHCP サーバがある場合、DHCP サーバからネットワーク設定を取得します。

    固定 IP アドレスおよびネットワーク構成を設定

    固定ネットワーク構成を設定します。

  4. IPv6 構成 で、IPv6 設定を変更します。

    オプション

    説明

    IPv6 の有効化

    アプライアンスの IPv6 を有効または無効にします。

    DHCP ステートフル構成を使用

    DHCP サーバを使用して、IPv6 アドレスおよびネットワーク設定を取得します。

    ICMP ステートレス構成を使用

    ステートレス アドレス自動構成 (SLAAC) を使用して、IPv6 アドレスとネットワーク設定を取得します。

  5. DNS 構成 で、DNS 設定を変更します。

    オプション

    説明

    DNS サーバ アドレスおよびホスト名を自動的に取得

    DNS サーバ アドレスおよびホスト名を自動的に取得します。

    アプライアンスの IP 設定が DHCP サーバから自動的に取得される場合は、このオプションを使用します。

    次の DNS サーバ アドレスとホスト名を使用

    DNS サーバの固定 IP アドレスとホスト名を設定します。

  6. カスタム DNS サフィックス で、カスタム DNS サフィックスを設定します。

    サフィックスを指定しない場合は、デフォルトのサフィックス リストがローカル ドメイン名から生成されます。

  7. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスのメイン メニューに戻るまで、Esc を押します。