領域効率の手法を使用すると、データを保存するための容量を削減できます。 これらの手法では、ニーズを満たすために必要な合計ストレージ容量を削減できます。

Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、重複データを排除して、データを保存するために必要な容量を削減できます。

仮想マシンに 耐障害性方式 ポリシー属性を設定して、RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングを使用できます。 イレージャ コーディングでは、デフォルトの RAID 1 ミラーリングよりも少ないストレージ領域でデータを保護できます。

デデュープと圧縮および RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングを使用して、さらにストレージ領域を節約できます。 RAID 5 または RAID 6 では、RAID 1 よりも明確に定義された領域の節約が可能です。 デデュープおよび圧縮を使用すれば、さらに節約できます。