可用性、セキュリティ、バンド幅の確保を Virtual SAN クラスタで提供できるネットワーク機能を検討します。

Virtual SAN ネットワークの構成の詳細については、『VMware Virtual SAN 設定とサイジング ガイド』および『Virtual SAN ネットワーク設計ガイド』を参照してください。

ネットワークのフェイルオーバーと負荷分散

Virtual SAN では、ネットワークの冗長性専用にバッキング仮想スイッチで構成されたチーミングおよびフェイルオーバー ポリシーが使用されます。 Virtual SAN では、負荷分散の NIC チーミングは使用されません。

可用性のために NIC チームを構成する場合は、次のフェイルオーバー構成を検討してください。

チーミング アルゴリズム

チームのアダプタのフェイルオーバー構成

発信元の仮想ポートに基づいたルート

アクティブ-パッシブ

IP ハッシュに基づいたルート

標準スイッチの固定 EtherChannel および Distributed Switch の LACP ポート チャネルでアクティブ-アクティブ

物理ネットワーク アダプタの負荷に基づいたルート

Distributed Switch の LACP ポート チャネルでアクティブ-アクティブ

Virtual SAN は、IP ハッシュに基づく負荷分散をサポートしていますが、すべての設定についてパフォーマンスの向上を保証することはできません。 Virtual SAN が多くの受信者に使用されている場合は、IP ハッシュのメリットがあります。 この場合、IP ハッシュが負荷分散を行います。 Virtual SAN が唯一のコンシューマである場合は、改善が見られない可能性があります。 この動作は特に 1 GbE 環境に適用されます。 たとえば、Virtual SAN について 4 つの 1 GbE 物理アダプタと IP ハッシュを使用している場合、1 Gbps を超えて使用することはできない可能性があります。 この動作は、VMware でサポートされるすべての NIC チーミング ポリシーにも適用されます。

Virtual SAN では、同じサブネット上の複数の VMkernel アダプタはサポートされません。 複数の VMkernel アダプタを、別の VLAN または別の物理ファブリックなどの異なるサブネットで使用できます。 複数の VMkernel アダプタを使用して可用性を提供するには、vSphere やネットワーク インフラストラクチャを含む構成コストがかかります。 物理ネットワーク アダプタをチーミングすると、少ないセットアップでより簡単にネットワークの可用性を提供できます。

Virtual SAN ネットワークのマルチキャストに関する考慮事項

ハートビートおよびメタデータの交換を Virtual SAN クラスタのホスト間で有効化するには、物理スイッチでマルチキャストを有効化する必要があります。 Virtual SAN ホスト ネットワーク アダプタに接続された物理スイッチ ポートのみを経由してマルチキャスト メッセージを配信するために、物理スイッチで IGMP スヌーピング クエリアを構成できます。 複数の Virtual SAN クラスタが同じネットワークにある場合は、追加の Virtual SAN クラスタを本番環境でデプロイする前に、新しいクラスタのマルチキャスト アドレスを変更して、メンバー ホストが別のクラスタから無関係なマルチキャスト メッセージを受信しないようにします。 Virtual SAN クラスタのマルチキャスト アドレスの割り当ての詳細については、Virtual SAN クラスタのマルチキャスト アドレスの変更を参照してください。

Network I/O Control を使用した Virtual SAN のバンド幅の割り当て

vSphere vMotion トラフィック、vSphere HA トラフィック、仮想マシン トラフィックなど、他のシステム トラフィック タイプと共有される 10 GbE の物理ネットワーク アダプタを Virtual SAN トラフィックで使用している場合は、vSphere Distributed Switch で vSphere Network I/O Control を使用して、Virtual SAN に必要なバンド幅の量を確保できます。

vSphere Network I/O Control では、Virtual SAN 発信トラフィックの予約とシェアを構成できます。

  • Virtual SAN の物理アダプタで使用できる最低のバンド幅が Network I/O Control で保証されるように予約を設定します。

  • Virtual SAN に割り当てられた物理アダプタが飽和したときに特定のバンド幅を Virtual SAN で使用できるようにシェアを設定して、再構築操作および同期操作の実行中に物理アダプタの容量全体が Virtual SAN で消費されるのを回避します。 たとえば、チームの別の物理アダプタに障害が発生し、ポート グループのすべてのトラフィックがチーム内の別のアダプタに転送されると、物理アダプタが飽和状態になる可能性があります。

たとえば、Virtual SAN、vSphere vMotion、および仮想マシンのトラフィックを処理する 10 GbE の物理アダプタで、特定のバンド幅とシェアを構成できます。

表 1. Virtual SAN を処理する物理アダプタの Network I/O Control の構成例

トラフィック タイプ

予約、Gbps

シェア

Virtual SAN

1

100

vSphere vMotion

0.5

70

仮想マシン

0.5

30

10 GbE アダプタが飽和状態になると、Network I/O Control により物理アダプタの Virtual SAN に 5 Gbps が割り当てられます。

vSphere Network I/O Control を使用して Virtual SAN トラフィックのバンド幅の割り当てを構成する詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。

Virtual SAN トラフィックのマーキング

優先順位のタグ付けは、Virtual SAN トラフィックの Quality of Service (QoS) の要求が高い接続済みネットワーク デバイスを示すためのメカニズムです。 Virtual SAN トラフィックを特定のクラスに割り当て、vSphere Distributed Switch のトラフィック フィルタリングおよびマーキングのポリシーを使用して、0(低優先順位)~ 7(高優先順位)の Class of Service (CoS) 値でトラフィックを適宜マークすることができます。

VLAN での Virtual SAN トラフィックのセグメント化

セキュリティおよびパフォーマンスを強化するため、特に複数のトラフィック タイプ間でバッキング物理アダプタの容量を共有している場合は、VLAN で Virtual SAN トラフィックを隔離することを検討します。

ジャンボ フレーム

CPU パフォーマンスを向上するために Virtual SAN でジャンボ フレームを使用する場合は、クラスタ内のすべてのネットワーク デバイスとホストでジャンボ フレームが有効になっていることを確認します。

デフォルトでは、TCP セグメンテーション オフロード (TSO) および Large Receive Offload (LRO) 機能は、ESXi で有効になっています。 ジャンボ フレームを使用することにより、ネットワーク上のすべてのノードでジャンボ フレームを有効化するコストに見合うだけのパフォーマンスの改善が得られるかどうかを検討します。