Virtual SAN クラスタで再同期されている仮想マシン オブジェクトのステータスを監視することができます。

ハードウェア デバイス、ホスト、またはネットワークで障害が発生した場合、またはホストがメンテナンス モードに切り替えれらた場合には、Virtual SAN により Virtual SAN クラスタ内での再同期が開始されます。 ただし、Virtual SAN は、障害コンポーネントがオンラインに戻るのを少し待ってから、再同期タスクを開始します。

次のイベントによってクラスタでの再同期が開始されます。

  • 仮想マシン (VM) ストレージ ポリシーを編集する。 仮想マシン ストレージ ポリシーの設定を変更すると、Virtual SAN は、オブジェクトの再作成とその後のオブジェクトの再同期を開始します。

    ポリシー変更の内容によっては、Virtual SAN で別のバージョンのオブジェクトが作成され、前のバージョンと同期されます。 同期が完了すると、元のオブジェクトは破棄されます。

    Virtual SAN では、確実に仮想マシンが実行され続け、このプロセスによって中断されないようにします。 このプロセスでは、追加の一時容量が必要になることがあります。

  • 障害後にホストを再起動する。

  • 永続的または長期の障害からホストをリカバリする。 ホストが 60 分(デフォルト値)より長い時間使用できなくなると、Virtual SAN は、データのコピーを作成して完全なポリシー準拠状態をリカバリします。

  • ホストをメンテナンス モードにする前に、[全データの移行] モードを使用してデータを退避させる。

  • キャパシティ デバイスの使用率のしきい値を超過する。 Virtual SAN クラスタ内のキャパシティ デバイスの使用率がしきい値の上限である 80 パーセントに達しつつあるかまたは超過した場合、再同期が開始されます。