ストレッチ クラスタなどの特定の Virtual SAN 構成には、監視ホストが必要です。監視ホストとして専用の物理 ESXi ホストを使用するのではなく、Virtual SAN 監視アプライアンスをデプロイできます。アプライアンスは、ESXi を実行する事前構成された仮想マシンで、OVA ファイルとして配布されます。

汎用 ESXi ホストとは異なり、監視アプライアンスは仮想マシンを実行しません。監視アプライアンスは Virtual SAN 監視として機能することのみを目的としています。

Virtual SAN 監視アプライアンスをデプロイおよび構成するためのワークフローには、次のプロセスが含まれます。

  1. VMware Web サイトからアプライアンスをダウンロードします。

  2. アプライアンスを Virtual SAN ホストまたはクラスタにデプロイします。詳細については、『vSphere 仮想マシン管理』ドキュメントの「OVF テンプレートのデプロイ」を参照してください。

  3. 監視アプライアンス上に Virtual SAN ネットワークを構成します。

  4. 監視アプライアンス上に管理ネットワークを構成します。

  5. アプライアンスを監視 ESXi ホストとして vCenter Server に追加します。必ずホスト上に Virtual SAN VMkernel インターフェイスを構成してください。