ホスト クラスタの Virtual SAN が手動モードで有効にされているときには、クラスタをサポートするためにキャッシュ デバイスおよびキャパシティ デバイスを選択する必要があります。 デバイスの選択後、Virtual SAN はデバイスをデフォルトのディスク グループに編成します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、ディスク管理 をクリックします。
  4. ディスクの要求 アイコン () をクリックします。
  5. ディスク グループに追加するデバイスを選択します。
    • ストレージをハイブリッド ディスク グループに提供する各ホストに、1 つのフラッシュ キャッシュ デバイスと 1 つ以上のキャパシティ デバイスを提供する必要があります。 ディスク グループごとに追加できるフラッシュ キャッシュ デバイスは 1 つのみです。

      • デバイスのリストからキャパシティとして使用する HDD デバイスを選択して キャパシティ層を要求 アイコン () をクリックします。

      • キャッシュとして使用するフラッシュ デバイスを選択して キャッシュ層を要求 アイコン () をクリックします。

      • OK をクリックします。

    • オールフラッシュ ディスク グループの場合、キャパシティとキャッシュの両方についてフラッシュ デバイスを選択します。

      • キャパシティとして使用するフラッシュ デバイスを選択して キャパシティ層を要求 アイコン () をクリックします。

      • キャッシュとして使用するフラッシュ デバイスを選択して キャッシュ層を要求 アイコン () をクリックします。

      • OK をクリックします。

    オールフラッシュ ディスク グループに追加する各デバイスのロールを確認するには、[ディスク管理] ページ下部の [ディスク ロール] 列に移動します。 この列には、リストとディスク グループにおける目的のリストが表示されます。

    Virtual SAN は選択したデバイスを要求し、それらを Virtual SAN データストアをサポートするデフォルトのディスク グループに編成します。