仮想マシンで Virtual SAN ストレージを使用している場合、Virtual SAN クラスタの障害タイプに応じてストレージのアクセシビリティが変わる可能性があります。

仮想マシン オブジェクトのポリシーで許容される以上の障害がクラスタで発生すると、アクセシビリティが変更されます。

Virtual SAN クラスタで障害が発生した結果、仮想マシン オブジェクトがアクセス不可になる可能性があります。 障害がすべてのレプリカに影響するためにオブジェクトの完全なレプリカを使用できないか、オブジェクトの使用可能な投票が 50 パーセントを下回ると、オブジェクトがアクセス不可になります。

アクセス不可のオブジェクト タイプに応じて、仮想マシンは次のように動作します。

表 1. 仮想マシン オブジェクトのアクセス不可状態

オブジェクト タイプ

仮想マシンの状態

仮想マシンの症状

VM ホームのネームスペース

  • アクセス不可

  • 親なし(vCenter Server または ESXi ホストが仮想マシンの .vmx ファイルにアクセスできない場合)。

仮想マシン プロセスがクラッシュし、仮想マシンがパワーオフ状態になることがあります。

VMDK

アクセス不可

仮想マシンはパワーオン状態のままですが、VMDK での I/O 操作は実行されません。 特定のタイムアウト時間が経過すると、ゲスト OS で操作が終了します。

仮想マシンのアクセス不可状態は、永続的なものではありません。 根本的な問題が解決され、完全なレプリカおよびオブジェクト投票の 50 パーセント以上が回復したら、仮想マシンが自動的に再びアクセス可能になります。