パフォーマンスおよび可用性が最適化されるように、Virtual SAN クラスタのホストの構成を計画します。

メモリと CPU

次の考慮事項に基づいて、Virtual SAN クラスタのホストのメモリと CPU のサイズを指定します。

表 1. Virtual SAN ホストのメモリと CPU のサイジング

計算リソース

考慮事項

メモリ

  • 仮想マシンあたりのメモリ

  • 仮想マシンの予測数に基づいたホストあたりのメモリ

  • ホストあたりに 5 個のディスク グループ、ディスク グループあたりに 7 台のキャパシティ デバイスが搭載された、完全に動作可能な Virtual SAN 用に 32 GB 以上のメモリ

メモリが 512 GB 以下のホストは、USB、SD、または SATADOM デバイスから起動できます。ホストのメモリが 512 GB より大きい場合は、SATADOM またはディスク デバイスからホストを起動してください。

CPU

  • ホストあたりのソケット

  • ソケットごとのコア

  • 仮想マシンの予測数に基づいた vCPU 数

  • vCPU とコアの比

  • Virtual SAN の 10% の CPU オーバーヘッド

ホストのネットワーク

パフォーマンス向上のため、Virtual SAN トラフィックにさらに多くのバンド幅を提供します。

  • 1 GbE のアダプタを備えたホストを使用する場合は、アダプタを Virtual SAN 専用にします。 オールフラッシュ構成の場合は、10 GbE の専用または共有アダプタを備えたホストを使用します。

  • 10 GbE のアダプタを使用する場合は、ハイブリッド構成およびオールフラッシュ構成のどちらの場合も、アダプタを他のトラフィックと共有できます。

  • 10 GbE のアダプタを他のトラフィック タイプと共有する場合は、Virtual SAN トラフィックに vSphere Distributed Switch を使用し、Network I/O Control と VLAN を使用することによってトラフィックを分離します。

  • 冗長性を持たせるため、Virtual SAN トラフィックに物理アダプタのチームを作成します。

複数のディスク グループ

フラッシュ キャッシュまたはストレージ コントローラが応答を停止すると、ディスク グループ全体が失敗する可能性があります。その結果、Virtual SAN により、失敗したディスク グループのすべてのコンポーネントがクラスタ内の別の場所から再構築されます。

各ディスク グループの容量を少なくして、複数のディスク グループを使用した場合、次のメリットおよびデメリットがあります。

  • メリット

    • データストアのキャッシュがさらに集約され I/O 操作が高速になるため、パフォーマンスが向上します。

    • 障害のリスクが複数のディスク グループ間に分散され、ディスク グループで障害が発生しても Virtual SAN が再構築するコンポーネントが少なくなるため、パフォーマンスが向上します。

  • デメリット

    • 2 つ以上のキャッシュ デバイスが必要であるため、コストが高くなります。

    • 複数のディスク グループを処理するために、より多くのメモリが必要になります。

    • 単一障害点のリスクを軽減するために、複数のストレージ コントローラが必要になります。

ドライブ ベイ

メンテナンスを簡単にするには、ドライブ ベイと PCIe スロットがサーバ本体の前面にあるホストを検討してください。

ブレード サーバと外部ストレージ

ブレード サーバではディスク スロットの数に制限があるため、ブレード サーバの容量は通常、Virtual SAN データストアではスケーリングされません。 ブレード サーバの計画済みの容量を拡大するには、外部ストレージ エンクロージャを使用します。 外部ストレージ エンクロージャのサポート対象モデルの詳細については、『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

デバイスのホット プラグとスワップ

ホット プラグ操作、または磁気ディスクとフラッシュ キャパシティ デバイスの置換をホストで簡単に行うには、ストレージ コントローラのパススルー モードのサポートを検討してください。 コントローラが RAID 0 モードで動作する場合は、追加の手順を実行してからでないとホストで新しいドライブを検出できません。