フェイル セーフとなるようにアップグレードを計画および設計します。 Virtual SAN のアップグレードを試みる前に、ご使用の環境が vSphere のハードウェア要件とソフトウェア要件を満たしていることを確認してください。

アップグレードの前提条件

全体的なアップグレード プロセスを遅らせる可能性がある要因について考慮します。 ガイドラインおよびベスト プラクティスについては、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

クラスタを Virtual SAN 6.2 にアップグレードする前に、主要な要件を確認します。

表 1. アップグレードの前提条件

アップグレードの前提条件

説明

ソフトウェア、ハードウェア、ドライバ、ファームウェア、およびストレージ I/O コントローラ

使用する予定のソフトウェアおよびハードウェア コンポーネント、ドライバ、ファームウェア、およびストレージ I/O コントローラが、6.0 以降の Virtual SAN でサポートされており、『VMware 互換性ガイド』の Web サイト (http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php) に記載されていることを確認します。

Virtual SAN バージョン

Virtual SAN の最新バージョンを使用していることを確認します。 現在ベータ版を実行しており、その状態で Virtual SAN を 6.2 にアップグレードすると、アップグレードに失敗します。 ベータ版からアップグレードする場合は、Virtual SAN の新規デプロイを実行する必要があります。

ディスク領域

ソフトウェア バージョンのアップグレードを完了するのに十分な空き領域があることを確認します。 vCenter Server のインストールに必要なディスク ストレージ容量は、vCenter Server の構成によって異なります。 vSphere のアップグレードに必要なディスク領域のガイドラインについては、『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。

Virtual SAN ディスク フォーマット

ディスク フォーマットをアップグレードするのに十分な容量があることを確認します。 オンディスク フォーマットをアップグレードするには、最大ディスク グループで消費される容量と等しい空き領域を確保する必要があります。 この領域は、現在変換中のディスク グループ以外のディスク グループで確保する必要があります。

たとえば、クラスタ内の最大ディスク グループの物理容量が 10 TB で、消費される量は 5 TB のみであるとします。この場合は、移行中のディスク グループを除いたそのクラスタ内の別の場所に、追加の 5 TB の空き容量が必要になります。 Virtual SAN のディスク フォーマットのアップグレード時には、ホストがメンテナンス モードになっていないことを確認します。 Virtual SAN クラスタのいずれかのメンバー ホストをメンテナンス モードにすると、そのメンバー ホストはストレージをクラスタに提供しなくなり、ホストのキャパシティ デバイスをデータの保存に使用できなくなるため、クラスタ容量が自動的に減少します。 各種の退避モードの詳細については、Virtual SAN クラスタ メンバーのメンテナンス モードへの切り替えを参照してください。

Virtual SAN ホスト

Virtual SAN ホストがメンテナンス モードになっており、アクセシビリティの確保 または 全データの移行 オプションが選択されていることを確認します。

アップグレード プロセスの自動化およびテストには、vSphere Update Manager を使用できます。ただし、vSphere Update Manager を使用して Virtual SAN をアップグレードする場合、デフォルトの退避モードは アクセシビリティの確保 です。 アクセシビリティの確保 モードを使用する場合にはデータが完全には保護されず、Virtual SAN のアップグレード中に障害が発生した場合は、予期せずデータが消失する可能性があります。 ただし、アクセシビリティの確保 モードの場合は、すべてのデータをクラスタ内の別のホストに移動する必要がないため、全データの移行 モードの場合よりも速く処理されます。 各種の退避モードの詳細については、Virtual SAN クラスタ メンバーのメンテナンス モードへの切り替えを参照してください。

仮想マシン

仮想マシンがバックアップされていることを確認します。

推奨

Virtual SAN で使用できるように ESXi ホストをデプロイする場合は、次の推奨事項について考慮してください。

  • ESXi ホストが 512 GB 以下のメモリ容量で構成されている場合は、インストール メディアとして SATADOM、SD、USB、またはハード ディスク デバイスを使用します。

  • ESXi ホストが 512 GB より大きいメモリ容量で構成されている場合は、インストール デバイスとして別個の磁気ディスクまたはフラッシュ デバイスを使用します。別個のデバイスを使用する場合は、Virtual SAN でそのデバイスを必要としないことを確認します。

  • Virtual SAN ホストを SATADOM デバイスから起動する場合は、シングルレベル セル (SLC) デバイスを使用し、起動デバイスのサイズを少なくとも 16 GB にする必要があります。