選択したデバイスをディスク グループまたはディスク グループ全体から削除できます。

このタスクについて

保護されていないデバイスを削除すると、Virtual SAN データストアおよびデータストアの仮想マシンで問題が生じる場合があるため、デバイスまたはディスク グループの削除は回避してください。

通常、Virtual SAN からのデバイスまたはディスク グループの削除は、デバイスをアップグレードする場合、障害の発生したデバイスを置き換える場合、またはキャッシュ デバイスを削除する必要がある場合に行います。 他の vSphere ストレージ機能では、Virtual SAN クラスタから削除するフラッシュベースの任意のデバイスを使用できます。

ディスク グループを削除すると、ディスクのメンバーシップおよびデバイスに保存されたデータが永続的に削除されます。

注:

1 台のフラッシュ キャッシュ デバイスまたはすべてのキャパシティ デバイスをディスク グループから削除すると、ディスク グループ全体が削除されます。

デバイスまたはディスク グループのデータを退避すると、仮想マシンのストレージ ポリシーに一時的に準拠しなくなる可能性があります。

前提条件

  • デバイスまたはディスク グループの削除時に 全データの移行 オプションを選択するか、アクセシビリティの確保 を選択して、Virtual SAN ホストをメンテナンス モードにすることができます。 ドロップダウン メニューから データの移行なし を選択した場合、退避中に障害が発生すると、データにリスクが及ぶ可能性があります。

  • デバイスまたはディスク グループを削除できるのは、Virtual SAN クラスタが手動モードで設定されている場合のみです。 自動デバイス要求モードの場合、削除の操作はサポートされていません。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、ディスク管理 をクリックします。
  4. ディスク グループまたは選択したデバイスを削除します。

    オプション

    説明

    ディスク グループの削除

    1. [ディスク グループ] の下で、削除するディスク グループを選択し、ディスク グループの削除 アイコン () をクリックします。

    2. データ退避モードを選択します。

    注:

    Virtual SAN クラスタが自動モードでセットアップされているときは、ディスク グループの削除 アイコンは表示されません。 このアイコンは、クラスタが手動モードのときにのみ表示されます。

    選択したデバイスの削除

    1. [ディスク グループ] の下で、削除するデバイスを含むディスク グループを選択します。

    2. [ディスク] の下で、削除するデバイスを選択し、選択したディスクをディスク グループから削除します アイコン () をクリックします。

    3. データ退避モードを選択します。

    退避させたデータは、同じホストの別のディスクまたはディスク グループに移動することができます。

  5. はい をクリックして確認します。

    選択したデバイスまたはディスク グループからデータが退避させられ、Virtual SAN で使用できなくなります。