クラスタのプロパティを編集して、既存のクラスタで Virtual SAN を有効にすることができます。

このタスクについて

クラスタで Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN 対応クラスタにある Virtual SAN ホストを non-Virtual SAN クラスタに移動できなくなります。

前提条件

環境がすべての要件を満たしていることを確認します。 Virtual SAN を有効化するための要件を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で、既存のホスト クラスタに移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 を選択し、編集 をクリックしてクラスタ設定を編集します。
  4. ストレージ デバイスを要求するためのモードを選択します。

    オプション

    説明

    自動

    Virtual SAN に対して、含まれているホストのすべての空デバイスを要求します。 自動モードの Virtual SAN はクラスタの ESXi ホストのローカル デバイスのみを要求します。 リモートのどの非共有デバイスでも手動で追加できます。

    手動

    含まれているホストのデバイスを手動で要求する必要があります。 ホストの新しいデバイスは Virtual SAN に追加されません。 手動モードでは、デバイスをディスク グループに編成する方法が半自動と手動の 2 種類あります。

    注:

    このモードを使用すると、Virtual SAN データストアが作成され、初期サイズは 0 バイトになります。 手動でデバイスを要求するまでデータストアは使用できません。

  5. クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にする場合、デデュープおよび圧縮 有効 を選択します。

    Virtual SAN は自動的にオンディスク フォーマットをアップグレードするため、クラスタ内のすべてのディスク グループのローリング再フォーマットが行われます。

  6. OK をクリックします。

次のタスク

ストレージ デバイスを要求するために手動モードを使用している場合、デバイスを要求するか、ディスク グループを作成します。 Virtual SAN クラスタでのデバイス管理を参照してください。