高パフォーマンスを実現して必要なストレージ領域を確保し、将来的な拡張に対応できるように、Virtual SAN キャッシュ デバイスおよびオールフラッシュ キャパシティ デバイスとして使用するフラッシュ デバイス構成を計画します。

PCIe または SSD フラッシュ デバイスの選択

Virtual SAN ストレージのパフォーマンス、容量、書き込み耐久性、およびコストの要件に応じて、PCIe または SSD フラッシュ デバイスを選択します。

  • 互換性。 PCIe または SSD デバイスのモデルは、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションのリストに含まれている必要があります。

  • パフォーマンス。 一般に、PCIe デバイスのパフォーマンスは SSD デバイスよりも高速です。

  • 容量。 PCIe デバイスで使用可能な最大容量は、『VMware 互換性ガイド』において現在 Virtual SAN の互換 SSD デバイスとしてリストに含まれている最大容量よりも大きくなります。

  • 書き込み耐久性。 PCIe または SSD デバイスの書き込み耐久性は、容量、オールフラッシュ構成のキャッシュ、およびハイブリッド構成でのキャッシュの要件を満たす必要があります。

    オールフラッシュ構成とハイブリッド構成での書き込み耐久性要件の詳細については、『VMware Virtual SAN 設定とサイジング ガイド』を参照してください。 PCIe および SSD デバイスの書き込み耐久性クラスの詳細については、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションを参照してください。

  • コスト。 一般に、PCIe デバイスのコストは SSD デバイスの場合よりも高くなります。

Virtual SAN キャッシュとしてのフラッシュ デバイス

これらの考慮事項に基づき、書き込み耐久性、パフォーマンス、および潜在的な拡張性について、Virtual SAN 用のフラッシュ キャッシュの構成を設計します。

表 1. Virtual SAN キャッシュのサイジング

ストレージ構成

考慮事項

オールフラッシュ構成とハイブリッド構成

  • フラッシュ キャッシュ デバイスは、仮想マシンの使用が想定される、予測されたストレージの少なくとも 10%(ミラーなどのレプリカを含まない)を提供する必要があります。

    仮想マシン ストレージ ポリシーの 許容する障害の数 属性は、キャッシュのサイズに影響しません。

  • キャッシュ対容量比を高くすれば、将来的に容量を拡張しやすくなります。 キャッシュのサイズを大き目に設定することにより、キャッシュのサイズを増やさずに、既存のディスク グループに容量を容易に追加することができます。

  • フラッシュ キャッシュ デバイスには、高い書き込み耐久性が必要です。

  • フラッシュ キャッシュ デバイスの存続期間の終わりに行われるデバイスの交換作業は、ディスク グループ全体に影響を与えるため、キャパシティ デバイスの置き換え作業より複雑になります。

  • フラッシュ デバイスを追加してキャッシュのサイズを追加する場合は、ディスク グループをさらに作成する必要があります。 フラッシュ キャッシュ デバイスとディスク グループの比率は、常に 1:1 です。

    複数のディスク グループを構成することには、次の利点があります。

    • 単一のキャッシュ デバイスが失敗した場合、影響を受けるキャパシティ デバイスが少なくなるため、失敗のリスクが軽減されます。

    • 小サイズのフラッシュ キャッシュ デバイスを含むディスク グループを複数デプロイすれば、潜在的にパフォーマンスが向上します。

    ただし、複数のディスク グループを構成すると、ホストのメモリ使用量は増大します。

オールフラッシュ構成

オールフラッシュ構成の場合、Virtual SAN は書き込みキャッシュでのみキャッシュ レイヤーを使用します。 書き込みキャッシュには、大量の書き込み動作を処理する能力が必要です。 このアプローチでは容量フラッシュの存続期間が延び、より廉価で、書き込み耐久性が低くなります。

ハイブリッド構成

パフォーマンス上の理由により、アクティブな仮想マシン ストレージ ポリシーで読み取りキャッシュの予約が構成されている場合、Virtual SAN クラスタのホストには、障害後の再構築またはメンテナンス操作の期間に予約の必要を満たす十分なキャッシュが必要です。

使用可能な読み取りキャッシュが予約の必要を満たすほど十分でない場合は、再構築またはメンテナンス操作に失敗します。 読み取りキャッシュ予約は、特定のワークロードに対する明確で既知のパフォーマンス要件を満たす必要がある場合にのみ使用します。

スナップショットを使用する場合は、キャッシュ リソースが使用されます。いくつかのスナップショットを使用する場合は、キャッシュ対使用容量比 10 パーセントの従来量よりも多くのキャッシュを専用に使用することを考慮します。