Virtual SAN では独自の用語と定義が使用されており、これらを理解することが重要です。

Virtual SAN の使用を開始する前に、Virtual SAN の重要な用語および定義を確認してください。

ディスク グループ

ディスク グループは、ホストおよび物理デバイス グループでの物理ストレージ容量の単位で、これにより、Virtual SAN クラスタのパフォーマンスと容量が決まります。 搭載しているローカル デバイスを Virtual SAN クラスタに提供する各 ESXi ホストでは、デバイスがディスク グループに編成されます。

各ディスク グループには、1 つのフラッシュ キャッシュ デバイスと 1 つ以上のキャパシティ デバイスが含まれている必要があります。 キャッシュで使用されるデバイスは、ディスク グループ間で共有したり、その他の目的で使用したりすることができません。 1 つのキャッシュ デバイスは、1 つのディスク グループ専用にする必要があります。 ハイブリッドのクラスタでは、キャッシュ レイヤーにフラッシュ デバイスが使用され、ストレージ容量レイヤーに磁気ディスクが使用されます。 オールフラッシュ クラスタでは、キャッシュとキャパシティの両方でフラッシュ デバイスが使用されます。 ディスク グループの作成および管理の詳細については、Virtual SAN クラスタでのデバイス管理を参照してください。

消費される容量

消費される容量とは、1 つ以上の仮想マシンによって任意の時点で消費される総物理容量です。 消費される容量は、VMDK の消費サイズや保護レプリカなどの多くの要因によって決まります。 キャッシュ サイジングの計算時には、保護レプリカで使用される容量は考慮しません。

オブジェクトベースのストレージ

Virtual SAN はオブジェクトと呼ばれるフレキシブルなデータ コンテナの形でデータを格納および管理します。 オブジェクトは、含まれるデータおよびメタデータがクラスタ全体に分散されている論理ボリュームです。 たとえば、すべての VMDK は、すべてのスナップショットと同様、1 つのオブジェクトです。 Virtual SAN データストアで仮想マシンをプロビジョニングする場合、Virtual SAN では、仮想ディスクごとに複数のコンポーネントで構成されるオブジェクトのセットを作成します。 また、仮想マシンのすべてのメタデータ ファイルを保存するコンテナ オブジェクトである VM ホーム ネームスペースも作成します。 割り当てられた仮想マシンのストレージ ポリシーに基づき、Virtual SAN では、各オブジェクトを個別にプロビジョニングおよび管理します。これには、すべてのオブジェクトで RAID 構成を作成する作業が関係することもあります。

Virtual SAN は仮想ディスクにオブジェクトを作成し、クラスタにオブジェクトを分散する方法を決定するときに、次の要因を考慮します。

  • Virtual SAN は、仮想ディスク要件が指定された仮想マシン ストレージ ポリシー設定に従って適用されていることを確認します。

  • Virtual SAN はプロビジョニングの時点で、正しいクラスタ リソースが使用されることを確認します。 たとえば Virtual SAN では、保護ポリシーに基づいて作成するレプリカの数を決定します。 パフォーマンス ポリシーにより、各レプリカに割り当てられるフラッシュ読み取りキャッシュの量、各レプリカで作成されるストライプの数、およびそれらを配置するクラスタ内の場所が決まります。

  • Virtual SAN は、仮想ディスクのポリシーのコンプライアンス ステータスを継続的に監視してレポートします。 非準拠のポリシー ステータスを見つけた場合は、原因となっている問題のトラブルシューティングを行って解決する必要があります。

    注:

    必要に応じて、仮想マシン ストレージ ポリシーの設定を編集することができます。 ストレージ ポリシーの設定を変更しても、仮想マシンへのアクセスに影響はありません。 Virtual SAN は、再構成で使用されるストレージおよびネットワークのスループットをアクティブに調整し、オブジェクトの再構成の影響を通常のワークロードの実行状態まで最小化します。 仮想マシン ストレージ ポリシーの設定を変更すると、Virtual SAN は、オブジェクトの再作成プロセスとその後のオブジェクトの再同期を開始します。 Virtual SAN クラスタの再同期についてを参照してください。

  • Virtual SAN は、ミラーや監視などの必要な保護コンポーネントが、別々のホストやフォールト ドメインに配置されることを確認します。 たとえば、障害時にコンポーネントを再構築するため、Virtual SAN は配置ルールに適合する ESXi ホストを探します。その配置ルールでは、仮想マシン オブジェクトの保護コンポーネントが、(同じホストではなく)2 つの別々のホストに配置されるか、またはいくつかの異なるフォールト ドメインにわたって配置される必要があります。

Virtual SAN データストア

クラスタで Virtual SAN を有効にすると、単一の Virtual SAN データストアが作成されます。 これは、仮想ボリューム、VMFS、および NFS など、使用可能なデータストアのリストに別のタイプのデータストアとして表示されます。 1 つの Virtual SAN データストアにより、仮想マシンや仮想ディスクごとに異なるレベルのサービス レベルを提供できます。 vCenter Server® では、Virtual SAN データストアのストレージ特性が一連の機能として表示されます。これらの機能は、仮想マシンのストレージ ポリシーを定義するときに参照できます。 仮想マシンを後でデプロイする場合、Virtual SAN はこのポリシーを使用して、各仮想マシンの要件に基づいて最適な方法で仮想マシンを配置します。 ストレージ ポリシーの使用に関する概要については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

Virtual SAN データストアには、考慮する必要がある固有の特性があります。

  • Virtual SAN は、ホストにデバイスがあるかどうかに関係なく、クラスタ内のすべてのホストにアクセスできる単一の Virtual SAN データストアを提供します。 各ホストには、仮想ボリューム、VMFS、または NFS などの他の任意のデータストアをマウントすることもできます。

  • Storage vMotion を使用することにより、Virtual SAN データストア間、NFS および VMFS データストア間で仮想マシンを移動できます。

  • キャパシティ デバイスとして使用される磁気ディスクとフラッシュ デバイスだけが、データストアの容量に反映できます。 フラッシュ キャッシュとして使用されるデバイスは、データストアの一部としてカウントされません。

  • 自動ディスク要求モードの場合、Virtual SAN データストアは、キャパシティ デバイスを搭載したホストを Virtual SAN クラスタに追加したり、キャパシティ デバイスを任意のクラスタ メンバーに追加したりするときに動的に増大します。

オブジェクトとコンポーネント

各オブジェクトは、一連のコンポーネントで構成され、仮想マシン ストレージ ポリシーで使用中の機能によって決まります。 たとえば、ポリシーで 許容する障害の数 が 1 に構成されている場合、Virtual SAN では、オブジェクトのレプリカおよび監視などの保護コンポーネントが確実に Virtual SAN クラスタの別個のホストに配置されるようにします。この場合の各レプリカは、オブジェクト コンポーネントです。 また、同じポリシーにおいて、[オブジェクトあたりのディスク ストライプの数] が 2 以上に構成されている場合、Virtual SAN では複数のキャパシティ デバイスにおいてオブジェクトのストライピングも行い、各ストライプは指定したオブジェクトのコンポーネントとみなされます。 必要な場合、Virtual SAN では、大きなオブジェクトを複数のコンポーネントに分割することもあります。

Virtual SAN データストアには、次のオブジェクト タイプが含まれています。

VM ホームのネームスペース

.vmx、ログ ファイル、vmdk ファイル、スナップショット差分記述ファイルなどの仮想マシンの構成ファイルすべてが保存されている、仮想マシンのホーム ディレクトリ。

VMDK

仮想マシンのハード ディスク ドライブの内容を保存する、仮想マシンのディスク ファイル(.vmdk ファイル)。

仮想マシン スワップ オブジェクト

仮想マシンのパワーオン時に作成されます。

スナップショット差分 VMDK

仮想マシンのスナップショットの作成時に作成されます。

メモリ オブジェクト

仮想マシンの作成またはサスペンド中、スナップショット メモリ オプションが選択されるときに作成されます。

仮想マシンのコンプライアンス ステータス:準拠および非準拠

仮想マシンは、そのオブジェクトの 1 つ以上が割り当てられているストレージ ポリシーの要件を満たしていない場合に、非準拠とみなされます。 たとえば、ミラー コピーのいずれかにアクセスできない場合、ステータスは非準拠になります。 仮想マシンがストレージ ポリシーで定義されている要件に準拠している場合、その仮想マシンのステータスは準拠です。 仮想ディスク ページの 物理ディスクの配置 タブから、仮想マシン オブジェクトのコンプライアンス ステータスを確認できます。 Virtual SAN クラスタのトラブルシューティングの詳細については、Virtual SAN の障害の処理を参照してください。

コンポーネントの状態:[低下しました] 状態と [不完全] 状態

Virtual SAN は、コンポーネントの次の障害状態について確認応答します。

  • [低下しました]。 Virtual SAN で永続的なコンポーネント障害が検出され、その障害コンポーネントが元の正常動作の状態に戻らないと判断される場合、コンポーネントは [低下しました] になります。 その結果、Virtual SAN は低下したコンポーネントの再構築をすぐに開始します。 この状態は、障害の発生したデバイスにコンポーネントが存在する場合に発生することがあります。

  • [不完全]。 Virtual SAN で一時的なコンポーネント障害が検出され、そのすべてのデータを含むコンポーネントがリカバリして元の動作状態に戻るとみなされる場合、コンポーネントは [不完全] になります。 この状態は、ホストを再起動するとき、または Virtual SAN ホストからデバイスを切り離す場合に発生する可能性があります。 Virtual SAN は、60 分待ってから、[不完全] ステータスのコンポーネントの再構築を開始します。

オブジェクトの状態:[健全] および [非健全]

クラスタでの障害のタイプと数に応じて、オブジェクトの状態は次のいずれかになります。

  • [健全]。 ミラー全体とともに、オブジェクトのコンポーネント(または投票)の 50 パーセント以上がまだ使用可能になっている場合、そのオブジェクトの動作ステータスは [健全] とみなされます。

  • [非健全]。 使用可能なミラーのコピーがない場合、またはおそらくクラスタで複数の障害が発生しているために使用可能なオブジェクトのコンポーネント(または投票)が 50 パーセント未満になっている場合、そのオブジェクトの動作ステータスは [非健全] とみなされ、ご使用の仮想マシンの可用性に影響します。 クラスタでアクセス可能の状態のまま残るオブジェクトの場合は、オブジェクト コンポーネントのエラーなしの完全なレプリカがいつでも使用可能になっている必要があります。

監視

監視は、メタデータのみを含み、実際のアプリケーション データを何も含まないコンポーネントです。 潜在的な障害の後、存続しているデータストアのコンポーネントの可用性に関して決定を下す必要がある場合のタイブレーカとして機能します。 監視では、オンディスク フォーマット 1.0 を使用する場合には Virtual SAN データストアでおよそ 2 MB のメタデータ用領域を消費し、バージョン 2.0 以降のオンディスク フォーマットでは 4 MB の領域を消費します。

Virtual SAN 6.0 以降のバージョンでは、各コンポーネントが仮想マシンの可用性を決定する投票を複数所有するクォーラムベース システムをサポートしています。 より正確には、仮想マシンのストレージ オブジェクトを構成する投票の 50 パーセントにいつでもアクセス可能になっている必要があります。 すべてのホストにアクセスできる投票が 50 パーセント未満になると、そのオブジェクトは Virtual SAN データストアで使用できなくなります。 これは、仮想マシンの可用性に影響します。 クラスタでアクセス可能の状態のまま残るオブジェクトの場合は、オブジェクト コンポーネントのエラーなしの完全なレプリカがいつでも使用可能になっている必要があります。

ストレージ ポリシーベース管理 (SPBM)

Virtual SAN を使用する場合、パフォーマンスや可用性などの仮想マシンのストレージ要件を、ポリシーという形で定義できます。 Virtual SAN を使用すると、Virtual SAN データストアにデプロイされる仮想マシンに、少なくとも 1 つの仮想マシン ストレージ ポリシーが割り当てられるようになります。 仮想マシンのストレージ要件が分かっている場合は、ストレージ ポリシーを定義し、仮想マシンに割り当てることができます。 仮想マシンのデプロイ時にストレージ ポリシーを適用しない場合、Virtual SAN はデフォルトの Virtual SAN ポリシーを自動的に割り当てます。デフォルトの Virtual SAN ポリシーでは、許容する障害の数 が 1 で、各オブジェクトに単一のディスク ストライプが設定され、シン プロビジョニングされた仮想ディスクが使用されます。 最適の結果を得るには、デフォルトのストレージ ポリシーで定義されている要件と同じだとしても、独自の仮想マシン ストレージ ポリシーを定義してください。 Virtual SAN ストレージ ポリシーの使用方法の詳細については、Virtual SAN ポリシーの使用を参照してください。

Ruby vSphere Console (RVC)

Ruby vSphere Console (RVC) は、Virtual SAN クラスタの管理およびトラブルシューティングに使用するコマンドライン インターフェイスです。 RVC により、esxcli によって出力されるホスト中心のビューではなく、クラスタ全体のビューを表示できます。 RVC は Windows 用の vCenter Server Appliance および vCenter Server にバンドルされているため、個別にインストールする必要はありません。 RVC コマンドの詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。

vSphere PowerCLI

VMware vSphere PowerCLI は、構成および管理タスクの自動化を支援するためのコマンドライン スクリプトのサポートを Virtual SAN に追加します。vSphere PowerCLI は Windows PowerShell インターフェイスを vSphere API に提供します。PowerCLI には、Virtual SAN コンポーネントを管理するためのコマンドレットが含まれています。vSphere PowerCLI の使用の詳細については、「vSphere PowerCLI ドキュメント」を参照してください。

Virtual SAN Observer

VMware Virtual SAN Observer は、RVC で実行される Web ベース ツールで、Virtual SAN クラスタの詳細パフォーマンス分析と監視に使用されます。 Virtual SAN Observer を使用して、容量レイヤーのパフォーマンス統計に関する情報、物理ディスク グループに関する詳細な統計情報、現在の CPU 使用率、Virtual SAN メモリ プールの消費量、および Virtual SAN クラスタ全体での物理およびメモリ内オブジェクトの分散状態の情報を得ることができます。

RVC と Virtual SAN Observer の構成、起動、および使用方法の詳細については、『Virtual SAN トラブルシューティング リファレンス マニュアル』を参照してください。