Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を構成する場合、次のガイドラインを考慮してください。

  • デデュープおよび圧縮は、オールフラッシュ ディスク グループでのみ使用できます。

  • デデュープおよび圧縮をサポートするには、オンディスク フォーマット バージョン 3.0 以降が必要です。

  • クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にするには、有効なライセンスが必要です。

  • デデュープおよび圧縮は、ストレージ要求方法が手動に設定されている場合にのみ有効にできます。 デデュープおよび圧縮が有効になっていると、ストレージ要求方法を自動に変更できます。

  • Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、すべてのディスク グループのデータがデデュープおよび圧縮を使用して削減されます。

  • Virtual SAN は、各ディスク グループ内のデータ ブロックの重複を排除できますが、ディスク グループ間では排除できません。

  • デデュープおよび圧縮のための容量のオーバーヘッドは、合計 Raw 容量の約 5% です。

  • ポリシーには、0% または 100% のいずれかのオブジェクト スペースの予約が必要です。100% のオブジェクト スペース予約のポリシーは常に順守されます。ただし、デデュープおよび圧縮の効率が低下する可能性があります。