ストレージ コントローラで障害が発生すると、Virtual SAN では、そのコントローラに関連付けられているディスク グループでオブジェクトのアクセシビリティを評価し、それらのオブジェクトを別のホストで再構築します。

シンプトム

1 台のホストに 1 つのストレージ コントローラと複数のディスク グループが含まれており、すべてのディスク グループのすべてのデバイスで障害が発生した場合には、共通のストレージ コントローラでの障害が根本原因となっている可能性があります。 VMkernel のログ メッセージを確認して、障害の本質を判断します。

コンポーネントの障害状態とアクセシビリティ

ストレージ コントローラで障害が発生すると、そのコントローラに接続されているすべてのディスク グループ内のフラッシュ キャッシュ デバイスとキャパシティ デバイス上のコンポーネントは、「低下しました」としてマークされます。

ホストに複数のコントローラがあり、1 つのコントローラに関連付けられているデバイスのみがアクセス不可になっている場合は、このコントローラで障害が発生した可能性があります。

Virtual SAN の動作

Virtual SAN は、ストレージ コントローラの障害に対して次のように反応します。

パラメータ

動作

許容する障害の数

仮想マシン ストレージ ポリシーでの 許容する障害の数 が 1 以上の場合は、引き続きクラスタ内の別の ESXi ホストから仮想マシン オブジェクトにアクセスすることができます。 リソースが使用可能な場合、Virtual SAN は自動再保護を開始します。

許容する障害の数 が 0 に設定されていて、仮想マシン オブジェクトのコンポーネントがそのストレージ コントローラに接続されているディスク グループに存在する場合、そのオブジェクトはアクセス不可になります。

データの再構築

Virtual SAN は、ホストおよびキャパシティ デバイスが、障害が発生したデバイスまたはディスク グループのオブジェクトに対する容量および配置ルールの要件を満たすかどうかを調べます。 該当する容量を持つホストが存在する場合、コンポーネントが「低下しました」とマークされているため、Virtual SAN はすぐにリカバリ プロセスを開始します。