Virtual SAN 拡張クラスタは、サイト間のネットワーク接続が失われたり、1 つのサイトが一時的に失われたりすることによって発生する障害を管理します。

拡張クラスタによる障害への対処

ほとんどの場合、拡張クラスタは障害の間も処理を続行し、障害が解決すると自動的にリカバリされます。

表 1. 拡張クラスタによる障害への対処方法

障害の種類

動作

アクティブなサイト間のネットワーク接続が失われる

2 つのアクティブなサイト間のネットワーク接続で障害が発生すると、監視ホストと優先サイトがストレージ処理を続行してデータを使用可能な状態に保ちます。ネットワーク接続が回復すると、2 つのアクティブなサイトは再同期されます。

セカンダリ サイトで障害が発生するまたはネットワーク接続が失われる

セカンダリ サイトがオフラインになったり、優先サイトや監視ホストから隔離された場合、監視ホストと優先サイトはストレージ処理を続行してデータを使用可能な状態に保ちます。セカンダリ サイトがクラスタに戻ると、2 つのアクティブなサイトは再同期されます。

優先サイトで障害が発生するまたはネットワーク接続が失われる

優先サイトがオフラインになったり、セカンダリ サイトや監視ホストから隔離された場合、監視ホストに接続された状態でいる限り、セカンダリ サイトはストレージ処理を継続します。優先サイトがクラスタに戻ると、2 つのアクティブなサイトは再同期されます。

監視ホストで障害が発生するまたはネットワーク接続が失われる

監視ホストがオフラインになったり、優先サイトまたはセカンダリ サイトから隔離された場合、オブジェクトはコンプライアンスに非準拠になりますが、データは使用できます。現在実行中の仮想マシンに影響はありません。