クラスタ内のキャパシティ デバイスの使用率が 80 パーセントに達した場合、Virtual SAN はすべてのキャパシティ デバイスの使用率がしきい値を下回るまで自動的にクラスタをリバランスします。

クラスタのリバランスによって、リソースがクラスタ全体に均等に分散されて、パフォーマンスと可用性が一定に保たれます。

その他の操作によってクラスタのリバランスが開始される場合もあります。

  • Virtual SAN がクラスタでハードウェア障害を検出した場合

  • 全データの移行 オプションを使用して Virtual SAN ホストがメンテナンス モードになっている場合

  • アクセシビリティの確保 オプションを使用して Virtual SAN ホストがメンテナンス モードになっていて、FTT=0 が割り当てられたオブジェクトがそのホストにある場合

注:

メンテナンスおよび再保護のために十分な領域を確保し、Virtual SAN クラスタでの自動リバランス イベントを最小化するため、常時 30 パーセントの空き容量を確保することを考慮します。

Ruby vSphere Console (RVC) を使用して、Virtual SAN クラスタを手動でリバランスできます。 手動リバランスを参照してください。