必要に応じて、Virtual SAN クラスタ全体をシャットダウンできます。

このタスクについて

Virtual SAN クラスタをシャットダウンする場合、クラスタで Virtual SAN を手動で無効化する必要はありません。

手順

  1. Virtual SAN クラスタで実行中のすべての仮想マシン (VM) をパワーオフします。
  2. ESXi ホストをメンテナンス モードにします。
    1. ホストを右クリックして メンテナンス モードへの切り替え を選択します。
    2. データの移行なし 退避モードを選択し、OK をクリックします。
  3. メンテナンス モードの確認ウィザードで、パワーオフまたはサスペンド中の仮想マシンをクラスタ内の他のホストに移動 チェック ボックスを選択解除します。

    このチェック ボックスを選択解除すると、Virtual SAN は仮想マシンを別のホストに移行しません。 クラスタ全体をシャットダウンし、すべてのホストをメンテナンス モードにする場合は、仮想マシン ストレージ オブジェクトをクラスタ内の別のホストまたはデバイスに移動または移行する必要はありません。

  4. すべてのホストがメンテナンス モードに切り替わったら、ホストをパワーオフします。
  5. ESXi ホストをパワーオンします。
    1. ESXi がインストールされている物理マシンで、一連の起動処理が始まるまで電源ボタンを押します。

      ESXi ホストが起動してその仮想マシンを検出し、正常に機能します。

    ホストをパワーオンしたら、Virtual SAN クラスタが自動的に再作成されます。

    ESXi ホストに移動して サマリ をクリックすると、クラスタの [ネットワーク ステータス] に「構成に誤りが検出されました」と表示されることがあります。

    ネットワーク構成を変更せず、Virtual SAN クラスタがシャットダウン前に期待どおりに動作していた場合は、このステータス メッセージを無視できます。 少なくとも 3 台のホストをクラスタに結合すると、メッセージが表示されなくなります。

  6. ホストのメンテナンス モードを終了します。
  7. 仮想マシンを再起動します。