Virtual SAN クラスタ内に複数のホストがある場合、既存の Virtual SAN ホストのプロファイルを再利用して、Virtual SAN クラスタ内の残りのホストにそのプロファイル設定を適用できます。

このタスクについて

ホスト プロファイルには、ストレージ構成、ネットワーク構成、およびホストのその他の特性に関する情報が含まれています。 通常、8、16、32、または 64 台のホストなど、多数のホストが含まれるクラスタを作成する予定にしている場合は、Virtual SAN クラスタに複数のホストを同時に追加するためにホスト プロファイル機能を使用します。

前提条件

  • ホストがメンテナンス モードであることを確認します。

  • 『VMware 互換性ガイド』(http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php) にハードウェア コンポーネント、ドライバ、ファームウェア、およびストレージ I/O コントローラが記載されていることを確認します。

手順

  1. ホスト プロファイルを作成します。
    1. ホスト プロファイル ビューに移動します。
    2. ホストからプロファイルを抽出 アイコン () をクリックします。
    3. 参照ホストとして使用するホストを選択し、次へ をクリックします。

      選択したホストはアクティブなホストであることが必要です。

    4. 新しいプロファイルの名前と説明を入力して、次へ をクリックします。
    5. 新しいホスト プロファイルの概要情報を確認し、終了 をクリックします。

      新しいプロファイルがホスト プロファイル リストに表示されます。

  2. ホストを目的のホスト プロファイルに添付します。
    1. ホスト プロファイル ビューのプロファイル リストから、Virtual SAN ホストに適用するホスト プロファイルを選択します。
    2. ホスト プロファイルに対するホストおよびクラスタの添付/分離 アイコン () をクリックします。
    3. 展開したリストからホストを選択して 添付 をクリックしてホストをプロファイルに添付します。

      添付されたエンティティのリストにホストが追加されます。

    4. 次へ をクリックします。
    5. 終了 をクリックして、ホストのプロファイルへの分離を完了します。
  3. 参照した Virtual SAN ホストをホスト プロファイルから分離します。

    ホスト プロファイルがクラスタに添付されると、そのクラスタ内のホストもホスト プロファイルに添付されます。 ただし、ホスト プロファイルがクラスタから分離されても、ホストまたはクラスタ内のホストと、ホスト プロファイルの関連付けはそのまま残ります。

    1. ホスト プロファイル ビューにあるプロファイル リストから、ホストまたはクラスタから分離するホスト プロファイルを選択します。
    2. ホスト プロファイルに対するホストおよびクラスタの添付/分離 アイコン () をクリックします。
    3. 展開されたリストからホストまたはクラスタを選択し、分離 をクリックします。
    4. すべて分離 をクリックして、リストされたすべてのホストとクラスタをプロファイルから分離します。
    5. 次へ をクリックします。
    6. 終了 をクリックして、ホスト プロファイルからのホストの分離を完了します。
  4. Virtual SAN ホストの添付されたホスト プロファイルへのコンプライアンスを確認し、ホストとホスト プロファイルで指定された構成パラメータに違いがないかどうかを判断します。
    1. ホスト プロファイルに移動します。

      オブジェクト タブにはすべてのホスト プロファイル、ホスト プロファイルに添付されたホストの数、前回のコンプライアンス チェックの結果の概要が一覧表示されます。

    2. ホスト プロファイル コンプライアンスの確認 アイコン () をクリックします。

      コンプライアンス エラーのあるホストとホスト プロファイルとの間で異なるパラメータを詳細に表示するには、監視 タブをクリックし、[コンプライアンス] ビューを選択します。 オブジェクト階層を展開し、非準拠ホストを選択します。 異なっているパラメータが階層の下の [コンプライアンス] ウィンドウに表示されます。

      コンプライアンス エラーがある場合は、修正アクションを使用してホスト プロファイル設定をホストに適用します。 このアクションによって、すべてのホスト プロファイル管理対象パラメータは、ホストに添付されたホスト プロファイルに含まれている値に変更されます。

    3. コンプライアンス エラーのあるホストとホスト プロファイルとの間で異なるパラメータを詳細に表示するには、監視 タブをクリックし、[コンプライアンス] ビューを選択します。
    4. オブジェクト階層を展開し、エラーのあるホストを選択します。

      異なっているパラメータが階層の下の [コンプライアンス] ウィンドウに表示されます。

  5. ホストを修正して、ホストのコンプライアンス エラーを修正します。
    1. 監視 タブを選択し、コンプライアンス をクリックします。
    2. 修正するホスト(複数可)を右クリックし、すべての vCenter アクション > ホスト プロファイル > 修正 を選択します。

      ホスト プロファイル ポリシーのユーザー入力パラメータを更新または変更するには、ホストをカスタマイズします。

    3. 次へ をクリックします。
    4. ホスト プロファイルの修正に必要なタスクを確認し、終了 をクリックします。

    ホストは Virtual SAN クラスタの一部となり、ホストのリソースは Virtual SAN クラスタに接続できるようになります。 ホストはすべての Virtual SAN クラスタ内の既存の Virtual SAN ストレージ I/O ポリシーにアクセスすることもできます。