コンポーネントが「不完全」状態または「低下しました」状態であるかどうかを調査するには、vSphere Web Client を使用します。

このタスクについて

クラスタで障害が発生した場合、Virtual SAN は障害の重要度に基づいてオブジェクトのコンポーネントを「不完全」または「低下しました」としてマークします。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 監視 タブで、Virtual SAN をクリックし、仮想ディスク を選択します。

    クラスタ内の仮想マシンのホーム ディレクトリと仮想ディスクが表示されます。

  3. 仮想マシン オブジェクトを選択します。
  4. 物理ディスクの配置 タブで、選択したオブジェクトのコンポーネントの [コンポーネントの状態] プロパティを調査します。

    Virtual SAN クラスタで障害が発生した場合、[コンポーネントの状態] プロパティは [不完全] または [低下しました] になります。