Virtual SAN では、障害が発生したコンポーネントは、「不完全」状態か「低下しました」状態になっています。 Virtual SAN では、仮想マシンのデータをリカバリするために、コンポーネントの状態に応じて異なるアプローチを使用します。

Virtual SAN では、コンポーネント障害のタイプに関するアラートも生成します。 アラーム作成用の VMkernel 観測の使用およびVirtual SAN のデフォルト アラームの使用を参照してください。

Virtual SAN では、コンポーネントについて次の 2 つのタイプの障害状態がサポートされています。

表 1. Virtual SAN でのコンポーネントの障害状態

コンポーネントの障害状態

説明

リカバリ

原因

低下しました

Virtual SAN で永続的なコンポーネント障害が検出され、そのコンポーネントが正常動作の状態にリカバリしないとみなされる場合、コンポーネントは「低下しました」状態になります。

Virtual SAN は、影響を受けたコンポーネントの再構築をすぐに開始します。

  • フラッシュ キャッシュ デバイスの障害

  • 磁気またはフラッシュ キャパシティ デバイスの障害

  • ストレージ コントローラの障害

不完全

Virtual SAN で一時的なコンポーネント障害が検出され、そのコンポーネントがリカバリして正常動作の状態に戻るとみなされる場合、コンポーネントは「不完全」状態になります。

Virtual SAN は、一定時間内に不完全コンポーネントが正常動作に戻らない場合、そのコンポーネントの再構築を開始します。 Virtual SAN は、デフォルトで 60 分後に不完全コンポーネントの再構築を開始します。

  • ネットワーク接続の切断

  • 物理ネットワーク アダプタの障害

  • ESXi ホストの障害

  • 取り外されたフラッシュ キャッシュ デバイス

  • 取り外された磁気ディスクまたはフラッシュ キャパシティ デバイス