拡張クラスタに含まれる 3 つのサイトは、管理ネットワークと Virtual SAN ネットワークを介して通信します。どちらのデータ サイト内の仮想マシンも、共通の仮想マシン ネットワークを介して通信します。

Virtual SAN 拡張クラスタは、特定の基本ネットワーク要件を満たす必要があります。

  • 管理ネットワークでは、レイヤ 2 拡張ネットワークまたはレイヤ 3 ネットワークを使用した、3 つのサイトすべてにわたる接続が必要です。

  • Virtual SAN ネットワークには、3 つのサイトすべてにわたる接続が必要です。VMware では、2 つのデータ サイト間でレイヤ 2 拡張ネットワークを使用し、データ サイトと監視ホストの間でレイヤ 3 ネットワークを使用することを推奨します。

  • 仮想マシン ネットワークには、データ サイト間の接続は必要ですが、監視ホストとの間に接続は必要ありません。VMware では、データ サイト間でレイヤ 2 拡張ネットワークを使用することを推奨します。障害が発生した場合、仮想マシンには、リモート サイト用の新しい IP アドレスは必要ありません。

  • vMotion ネットワークには、データ サイト間の接続は必要ですが、監視ホストとの間に接続は必要ありません。VMware では、データ サイト間でのレイヤ 2 拡張ネットワークまたはレイヤ 3 ネットワークの使用をサポートします。

ESXi ホストでの固定ルートの使用

ESXi ホストで単一のデフォルト ゲートウェイを使用する場合、各 ESXi ホストには、単一のデフォルト ゲートウェイを持つデフォルトの TCP/IP スタックが含まれることに注意してください。デフォルト ルートは、通常、管理ネットワークの TCP/IP スタックに関連付けられます。

管理ネットワークと Virtual SAN ネットワークは、互いに隔離される場合があります。たとえば、管理ネットワークで物理 NIC 0 上の vmk0 を使用し、Virtual SAN ネットワークで物理 NIC 1 上の vmk2 を使用する場合があります(2 つの個別の TCP/IP スタックに対して個別のネットワーク アダプタを使用)。この構成は、Virtual SAN ネットワークにデフォルト ゲートウェイがないことを示します。

レイヤ 2 ブロードキャスト ドメイン(172.10.0.0 など)上に 2 つのデータ サイトにわたって拡張された Virtual SAN ネットワークがあり、別のブロードキャスト ドメイン(172.30.0.0 など)上に監視ホストがあるとします。データ サイト上の VMkernel アダプタが、監視ホスト上の Virtual SAN ネットワークに接続しようとすると失敗します。これは、ESXi ホストのデフォルト ゲートウェイが管理ネットワークに関連付けられていて、管理ネットワークから Virtual SAN ネットワークへのルートがないためです。

固定ルートを使用すると、この問題を解決できます。特定のネットワークに到達するためにどの経路をたどるかを示す新しいルーティング エントリを定義します。拡張クラスタ上の Virtual SAN ネットワークの場合は、固定ルートを追加することで、すべてのホスト間での適切な通信を実現します。

たとえば、各データ サイト上のホストに固定ルートを追加して、172.30.0.0 監視ネットワーク向けの要求が 172.10.0.0 インターフェイスを経由してルーティングされるようにします。また、監視ホストに固定ルートを追加して、データ サイトについての 172.10.0.0 ネットワーク向けの要求が、172.30.0.0 インターフェイスを経由してルーティングされるようにします。

注:

固定ルートを使用する場合は、いずれかのサイトに追加された新しい ESXi ホスト用の固定ルートを手動で追加する必要があります。そうしないと、これらのホストはクラスタ内で通信できません。監視ホストを置き換えた場合は、固定ルートの構成を更新する必要があります。

esxcli network ip route コマンドを使用して、固定ルートを追加します。