Virtual SAN 拡張クラスタを使用する場合、次のガイドラインを考慮してください。

  • 拡張クラスタの DRS 設定を構成します。

    • クラスタ上で DRS が有効になっている必要があります。 DRS を一部自動化モードで設定すると、各サイトにどの仮想マシンを移行するかを制御できます。

    • 優先サイト用とセカンダリ サイト用に 2 つのホスト グループを作成します。

    • 優先サイト上に仮想マシンを保持するためのグループと、セカンダリ サイト上に仮想マシンを保持するためのグループの 2 つの仮想マシン グループを作成します。

    • 仮想マシンとホスト グループをマッピングする仮想マシンとホスト間のアフィニティ ルールを 2 つ作成し、どの仮想マシンとホストを優先サイト上に配置し、どの仮想マシンとホストをセカンダリ サイト上に配置するかを指定します。

    • クラスタ内の仮想マシンの初期配置を実行するように、仮想マシンとホスト間のアフィニティ ルールを構成します。

  • 拡張クラスタの HA 設定を構成します。

    • クラスタ上で HA が有効になっている必要があります。

    • HA ルール設定はフェイルオーバー中に仮想マシンとホスト間のアフィニティ ルールを順守する必要があります。

    • HA データストア ハートビートを無効化します。

  • 拡張クラスタにはオンディスク フォーマット 2.0 以降が必要です。 必要に応じて、拡張クラスタを構成する前にオンディスク フォーマットをアップグレードします。 vSphere Web Client を使用した Virtual SAN ディスク フォーマットのアップグレードを参照してください。

  • 拡張クラスタの 許容する障害の数 を 1 (FTT=1) に構成します。

  • Virtual SAN 拡張クラスタは、対称型マルチプロセッシング フォールト トレランス (SMP-FT) をサポートしません。

  • ホストが切断されたり応答しない場合は、監視ホストの追加または削除は実施できません。 この制限により、再構成処理を開始する前に、Virtual SAN が十分な情報をすべてのホストから収集できるようになります。

  • esxcli を使用してホストの追加または削除を行うことは、拡張クラスタではサポートされません。