Virtual SAN の要件に従って、ホストのストレージ コントローラを構成します。

Virtual SAN のホストにあるストレージ コントローラが、モード、ドライバ、ファームウェア バージョン、キューの深さ、キャッシュ、および高度な機能の特定の要件を満たしていることを確認します。

表 1. Virtual SAN のストレージ コントローラ構成の確認

ストレージ コントローラの機能

ストレージ コントローラの要件

必須モード

  • VMware 互換性ガイド』で、コントローラが必須モード、パススルー、または RAID 0 の場合の Virtual SAN の要件を確認します。

  • パススルーと RAID 0 の両方のモードがサポートされている場合は、RAID 0 ではなくパススルー モードを構成します。RAID 0 にすると、ディスクの置換が複雑になります。

RAID モード

  • RAID 0 の場合は、物理ディスク デバイスごとに RAID ボリュームを 1 つ作成します。

  • VMware 互換性ガイド』の一覧にあるモード以外の RAID モードは有効にしないでください。

  • コントローラのスパニングを有効にしないでください。

ドライバおよびファームウェアのバージョン

  • コントローラでは、『VMware 互換性ガイド』の説明に従って、最新バージョンのドライバおよびファームウェアを使用してください。

  • コントローラの筐体内ドライバを使用する場合は、そのドライバが Virtual SAN 用に認定されていることを確認してください。

    OEM の ESXi リリースには、認定されておらず、『VMware 互換性ガイド』のリストに含まれていないドライバがインストールされている場合があります。

キューの深さ

コントローラのキューの深さが 256 以上であることを確認します。キューの深さが深いほどパフォーマンスが向上します。

キャッシュ

ストレージ コントローラのキャッシュを無効にするか、キャッシュを無効にすることができない場合は 100 パーセント読み取りに設定します。

高度な機能

HP SSD Smart Path などの高度な機能を無効にします。