パフォーマンスと可用性の要件に最適な Virtual SAN クラスタのホストにストレージ コントローラを含めます。

  • VMware 互換性ガイド』に記載されているストレージ コントローラ モデル、およびドライバとファームウェアのバージョンを使用します。 『VMware 互換性ガイド』で Virtual SAN を検索します。

  • 可能であれば複数のストレージ コントローラを使用して、パフォーマンスを高め、起こり得るコントローラの障害をディスク グループのサブセットのみに分離します。

  • VMware 互換性ガイド』でキューの深さが最も高いストレージ コントローラを使用します。 キューの深さが高いコントローラを使用すると、パフォーマンスが向上します。 たとえば Virtual SAN が障害発生後にコンポーネントを再構築するときやホストがメンテナンス モードになったときです。

  • Virtual SAN のパフォーマンスを最適化するには、ストレージ コントローラをパススルー モードで使用します。 RAID 0 モードのストレージ コントローラは、パススルー モードのストレージ コントローラに比べて、より高度な構成とメンテナンス作業が必要になります。