組織で使用している ESXi ホストが Virtual SAN のハードウェア要件を満たすことを確認します。

ストレージ デバイスの要件

Virtual SAN 構成に含まれるすべてのキャパシティ デバイス、ドライバ、およびファームウェア バージョンが、『VMware 互換性ガイド』の「Virtual SAN」セクションのリストに記載され、認定されている必要があります。

表 1. Virtual SAN ホストでのストレージ デバイスの要件

ストレージ コンポーネント

要件

キャッシュ

  • 1 つの SAS または SATA 半導体ディスク (SSD) または PCIe フラッシュ デバイス。

  • 許容障害数 を計算する前に、各ディスク グループのフラッシュ キャッシュ デバイスのサイズで、キャパシティ デバイスで使用される、予測されたストレージの少なくとも 10%(ミラーなどのレプリカを含まない)が提供されていることを確認します。

  • vSphere フラッシュ読み取りキャッシュでは、Virtual SAN のキャッシュ用に予約されているフラッシュ デバイスを一切使用しないようにする必要があります。

  • キャッシュ フラッシュ デバイスは、VMFS や別のファイル システムによってフォーマットしないようにする必要があります。

仮想マシンのデータ ストレージ

  • ハイブリッド グループ構成の場合は、SAS、NL-SAS、または SATA 磁気ディスクが少なくとも 1 つ使用できることを確認します。

  • オールフラッシュ ディスク グループ構成の場合は、少なくとも 1 つの SAS または SATA 半導体ディスク (SSD) または PCIe フラッシュ デバイスがあることを確認します。

ストレージ コントローラ

SAS または SATA ホスト バス アダプタ (HBA)、またはパススルー モードか RAID 0 モードの RAID コントローラ 1 つ。

メモリ

Virtual SAN のメモリ要件は、ESXi ハイパーバイザーによって管理されるディスク グループとデバイスの数によって決まります。 各ホストには、最大で 5 つのディスク グループと、ディスク グループあたり最大で 7 つのキャパシティ デバイスに対応できるよう、最小でも 32 GB のメモリを搭載してください。

フラッシュ起動デバイス

ESXi ホストのメモリが 512 GB 以下の場合は、USB、SD、または SATADOM デバイスからホストを起動してください。Virtual SAN を USB デバイスや SD カードから起動する場合、起動デバイスのサイズは少なくとも 4 GB にする必要があります。

ESXi ホストのメモリが 512 GB より大きい場合は、SATADOM またはディスク デバイスからホストを起動してください。 Virtual SAN ホストを SATADOM デバイスから起動する場合は、シングルレベル セル (SLC) デバイスを使用し、起動デバイスのサイズを少なくとも 16 GB にする必要があります。

ESXi 6.0 ホストを USB デバイスまたは SD カードから起動する場合、Virtual SAN トレース ログは RAM ディスクに書き込まれます。 これらのログは、シャットダウンまたはシステム クラッシュ (PANIC) 中に自動的に通常メディアにオフロードされます。 これは、ESXi を USB スティックまたは SD カードから起動するときに Virtual SAN トレースを扱うために唯一サポートされた方法です。 電源停止が起こった場合、Virtual SAN トレース ログは保存されません。

ESXi 6.0 ホストを SATADOM デバイスから起動する場合、Virtual SAN トレース ログは直接 SATADOM デバイスに書き込まれます。 したがって、SATADOM デバイスがこのガイドで概説した仕様を満たすことが重要です。