クラスタを作成するときに、Virtual SAN を有効にできます。

手順

  1. vSphere Web Client 内のデータセンターを右クリックし、新規クラスタ を選択します。
  2. 名前 テキスト ボックスに、クラスタの名前を入力します。

    この名前は、vSphere Web Client ナビゲータに表示されます。

  3. Virtual SAN の オンにする チェック ボックスを選択し、OK をクリックします。

    インベントリにクラスタが表示されます。

  4. ホストを Virtual SAN クラスタに追加します。 Virtual SAN クラスタへのホストの追加を参照してください。

    Virtual SAN クラスタには、キャパシティ デバイスを持つホストも、持たないホストも含めることができます。 最適な結果を得るには、キャパシティ デバイスを持つホストを追加します。

タスクの結果

Virtual SAN を有効にすると、Virtual SAN データストアが作成され、Virtual SAN ストレージ プロバイダが登録されます。 Virtual SAN ストレージ プロバイダは組み込みのソフトウェア コンポーネントで、データストアのストレージ機能を vCenter Server に報告します。

次のタスク

Virtual SAN データストアが作成されたことを確認します。 Virtual SAN データストアの表示を参照してください。

Virtual SAN ストレージ プロバイダが登録されていることを確認します。 Virtual SAN ストレージ プロバイダの表示を参照してください。

ストレージ デバイスを要求するために手動モードを使用している場合、デバイスを要求するか、ディスク グループを作成します。 Virtual SAN クラスタでのデバイス管理を参照してください。

Virtual SAN クラスタを構成します。 Virtual SAN のクラスタの構成を参照してください。