高い可用性を確保し、消費量の増大に対処できるように、ホストおよび管理ノードの構成を設計します。

障害を許容する場合の Virtual SAN クラスタのサイジング

ホストの障害を処理するように、仮想マシン ストレージ ポリシーで 許容する障害の数 属性を構成します。 クラスタに必要なホストの数は次のように計算されます:2 * number of failures to tolerate + 1。 クラスタが許容する障害の数が多いほど、容量の大きいホストが必要になります。

クラスタ ホストがラック サーバに接続されている場合は、ホストをフォールト ドメインに編成し、障害管理能力を向上させることができます。 Virtual SAN フォールト ドメインの設計とサイジングを参照してください。

2 台のホストまたは 3 台のホストからなるクラスタ構成の制限

2 台のホストまたは 3 台のホストからなる構成では、許容する障害の数 を 1 に設定することで、1 つのホスト障害のみを許容できます。 Virtual SAN は、個別のホストで仮想マシン データの必要な 2 つのレプリカをそれぞれ保存します。 監視オブジェクトは第三のホストに配置されます。 クラスタのホスト数が少ないため、次の制限があります。

  • ホストで障害が発生しても、Virtual SAN では、別のホストでデータを再構築して別の障害から保護することができません。

  • ホストをメンテナンス モードに切り替える必要がある場合に、Virtual SAN で退避データを再保護することができません。 ホストがメンテナンス モードの間は、データが潜在的な障害にさらされます。

    アクセシビリティの確保 データ退避オプションのみを使用できます。 クラスタには退避データ用に使用可能なスペア ホストがないため、全データの移行 オプションを使用することはできません。

    結果として、別の障害が発生するとアクセス不能になるため、仮想マシンが危険にさらされることになります。

バランシング済みおよびアンバランスのクラスタ構成

Virtual SAN は統一された構成のホストで最適に機能します。

構成が異なるホストを使用すると、Virtual SAN クラスタで次のようなデメリットがあります。

  • Virtual SAN は各ホストで同数のコンポーネントを保存しないため、ストレージ パフォーマンスの予測可能性が低下します。

  • メンテナンス手順が異なります。

  • キャッシュ デバイスの数が少ないかタイプが異なるクラスタ内のホストで、パフォーマンスが低下します。

Virtual SAN での vCenter Server のデプロイ

Virtual SAN データストアに vCenter Server をデプロイする場合、Virtual SAN クラスタで問題が発生すると、トラブルシューティングで vCenter Server を使用できなくなる可能性があります。