クラスタに仮想マシン (VM) ファイルを収容して障害およびメンテナンス操作を処理できるように、Virtual SAN データストアの容量のサイズを指定できます。

Raw 容量

Virtual SAN データストアの Raw 容量を求めるには、クラスタ内のディスク グループの合計数とそれらのディスク グループのキャパシティ デバイスのサイズを乗算し、Virtual SAN オンディスク フォーマットで必要なオーバーヘッドを減算します。

許容する障害の数

Virtual SAN データストアの容量(仮想マシンの数と VMDK ファイルのサイズは含まない)を計画するときに、クラスタの仮想マシン ストレージ ポリシーで 許容する障害の数 および 耐障害性方式 属性を考慮する必要があります。

許容する障害の数 は、Virtual SAN のストレージ容量を計画してサイズを指定するときに重要な役割を果たします。 仮想マシンの可用性の要件に基づき、仮想マシンとその個々のデバイスの消費量に比べて、この設定による消費量は 2 倍以上になる可能性があります。

たとえば、耐障害性方式RAID-1(ミラーリング) - パフォーマンス に設定されていて、許容する障害の数 が 1 に設定されている場合、仮想マシンは Raw 容量の約 50% を使用できます。 許容する障害の数 が 2 に設定されている場合、使用可能な容量は約 33% です。 許容する障害の数 が 3 に設定されている場合、使用可能な容量は約 25% です。

ただし、耐障害性方式RAID-5/6(イレージャ コーディング) - キャパシティ に設定されていて、許容する障害の数 が 1 に設定されている場合、仮想マシンは Raw 容量の約 75% を使用できます。 許容する障害の数 が 2 に設定されている場合、使用可能な容量は約 67% です。 RAID 5/6 の詳細については、RAID 5 または RAID 6 イレージャ コーディングの使用を参照してください。

Virtual SAN ストレージ ポリシーの属性の詳細については、Virtual SAN ポリシーの使用を参照してください。

必要な容量の計算

次の基準に従って、RAID 1 ミラーリングが構成されているクラスタ内の仮想マシンに必要な容量を計画します。

  1. Virtual SAN クラスタ内の仮想マシンが消費することが予想されるストレージ領域を計算します。

    expected overall consumption = number of VMs in the cluster * expected percentage of consumption per VMDK 
  2. クラスタ内の仮想マシンのストレージ ポリシーで構成される 許容する障害の数 属性を考慮します。 この属性は、クラスタ内のホスト上にある VMDK ファイルのレプリカ数に直接影響します。

    datastore capacity = expected overall consumption * (Number of failures to tolerate + 1)
  3. Virtual SAN オンディスク フォーマットのオーバーヘッド要件を見積もります。

    • オンディスク フォーマット バージョン 3.0 以降では、追加のオーバーヘッドがかかります(一般的にはデバイスあたり 1 ~ 2% の容量にすぎない)。 ソフトウェア チェックサムが有効になっているデデュープおよび圧縮では、デバイスあたり約 6.2% の容量の追加のオーバーヘッドがかかります。

    • オンディスク フォーマット バージョン 2.0 では、追加のオーバーヘッドがかかります(一般的にはデバイスあたり 1 ~ 2% の容量にすぎない)。

    • オンディスク フォーマット バージョン 1.0 では、キャパシティ デバイスあたり約 1 GB の追加のオーバーヘッドがかかります。

容量のサイズ指定ガイドライン

  • Virtual SAN がストレージ負荷をリバランスしないように、少なくとも 30% の領域を未使用のままにします。 Virtual SAN は、1 つのキャパシティ デバイスの消費量が 80% 以上に達するとクラスタ全体でコンポーネントのリバランスを行います。 リバランス操作は、アプリケーションのパフォーマンスに影響する可能性があります。 この問題を回避するため、ストレージ消費量を 70% 未満に保ちます。

  • キャパシティ デバイス、ディスク グループ、およびホストで起こり得る障害または置き換えを処理するための追加容量を計画します。 キャパシティ デバイスにアクセスできない場合、Virtual SAN はクラスタ内の別のデバイスからコンポーネントをリカバリします。 フラッシュ キャッシュ デバイスで障害が発生した場合や削除された場合、Virtual SAN はディスク グループ全体からコンポーネントをリカバリします。

  • ホストの障害後またはメンテナンス モードになったときに Virtual SAN がコンポーネントを確実にリカバリできるように、追加容量を予約します。 たとえば、ホストの障害後またはメンテナンス中にコンポーネントを正常に再構築するために十分な空き容量が残されるようにするため、十分な容量でホストをプロビジョニングします。 これは、障害の発生したコンポーネントを再構築できる十分な空き容量を確保するために 4 台以上のホストを用意している場合に重要です。 ホストで障害が発生した場合、別の障害を許容できるように別のホストの使用可能なストレージで再構築が行われます。 ただし、3 台のホスト クラスタで 許容する障害の数 が 1 に設定されている場合、1 台のホストで障害が発生するとクラスタ内には 2 台のホストのみが残されるため、Virtual SAN は再構築操作を実行しません。 障害後の再構築を許容するには、少なくとも 3 台のホストが必要です。

  • Virtual SAN 仮想マシン ストレージ ポリシーを変更するのに十分な一時ストレージ領域を用意します。 仮想マシン ストレージ ポリシーを動的に変更する場合、Virtual SAN でオブジェクトを構成するレプリカのレイアウトが作成される可能性があります。 Virtual SAN がそれらのレプリカをインスタンス化して元のレプリカと同期するときに、クラスタは一時的に追加領域を提供する必要があります。

  • ソフトウェア チェックサムやデデュープおよび圧縮などの高度な機能を使用する場合、操作のオーバーヘッドを処理するための追加容量を予約しておきます。

仮想マシン オブジェクトの考慮事項

Virtual SAN データストアのストレージ容量を計画するときに、データストアで必要な VM ホーム ネームスペース オブジェクト、スナップショット、およびスワップ ファイルの領域を考慮します。

  • VM ホーム ネームスペース。 仮想マシンのホーム ネームスペース オブジェクトに特定のストレージ ポリシーを割り当てることができます。 容量とキャッシュ ストレージの不要な割り当てを防ぐため、Virtual SAN は VM ホーム ネームスペースのポリシーから 許容する障害の数強制プロビジョニング の設定のみを適用します。 許容する障害の数 が 0 より大きい VM ホーム ネームスペースに割り当てられたストレージ ポリシーの要件を満たすように、ストレージ領域を計画します。

  • スナップショット。 差分デバイスは、基本 VMDK ファイルのポリシーを継承します。 スナップショットの想定されるサイズと数、および Virtual SAN ストレージ ポリシーの設定に従い、追加領域を計画します。

    必要な領域は異なる可能性があります。 そのサイズは、仮想マシンでデータが変更される頻度と、スナップショットが仮想マシンに接続される期間によって異なります。

  • スワップ ファイル。 Virtual SAN は、仮想マシンのスワップ ファイルに個別のストレージ ポリシーを使用します。 このポリシーは単一の障害を許容し、ストライピングおよび読み取りキャッシュ予約は定義せず、強制プロビジョニングを有効にします。