Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を無効にすることができます。

このタスクについて

Virtual SAN クラスタでデデュープおよび圧縮を無効にすると、クラスタで使用されるキャパシティのサイズが拡張可能になります(デデュープ率に基づきます)。デデュープおよび圧縮を無効にする前に、拡張されたデータのサイズを処理するのに十分な容量がクラスタにあることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN ホスト クラスタに移動します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. [Virtual SAN] の下で、全般 をクリックします。
  4. [Virtual SAN] がオンになっているペインで、編集 ボタンをクリックします。
  5. デデュープおよび圧縮を無効にします。
    1. ディスク要求モードを 手動 に設定します。
    2. デデュープおよび圧縮を 無効化 に設定します。
    3. [OK] をクリックして、構成の変更を保存します。

タスクの結果

デデュープおよび圧縮を無効化する間に、Virtual SAN は、クラスタの各ディスク グループのディスク フォーマットを変更します。この変更を完了するために、Virtual SAN はディスク グループからデータを退避させ、ディスク グループを削除してから、デデュープおよび圧縮をサポートしないフォーマットで再作成します。

この処理に必要な時間は、クラスタ内のホストの数とデータ量によって異なります。進捗は タスクとイベント タブで監視できます。