Virtual SAN には従来のストレージ アレイと共通する特性が多数ありますが、Virtual SAN の全体的な動作と機能は異なります。たとえば、Virtual SAN は ESXi ホストのみの管理と操作が可能で、Virtual SAN インスタンスごとに 1 つのクラスタのみがサポートされています。

Virtual SAN と従来のストレージは、次のような重要な面においても異なります。

  • Virtual SAN では、ファイバ チャネル (FC) やストレージ エリア ネットワーク (SAN) などの仮想マシン ファイルをリモートで保存する外部ネットワーク ストレージは不要です。

  • 従来のストレージでは、ストレージ管理者が異なるストレージ システムに事前にストレージ領域を割り当てます。Virtual SAN は、ESXi ホストのローカル物理ストレージ リソースを自動的に単一のストレージ プールに変換します。これらのプールは、サービスの品質要件に応じて仮想マシンおよびアプリケーションに分割して割り当てることができます。

  • Virtual SAN には、LUN または NFS 共有に基づく従来のストレージ ボリュームの概念はありません。

  • iSCSI、FCP などの標準ストレージ プロトコルは、Virtual SAN には適用されません。

  • Virtual SAN は vSphere と高度に統合されます。従来のストレージとは異なり、Virtual SAN には専用プラグインやストレージ コンソールは必要ありません。vSphere Web Client を使用して Virtual SAN をデプロイ、管理、監視できます。

  • 専用ストレージ管理者が Virtual SAN を管理する必要はありません。代わりに、vSphere 管理者が Virtual SAN 環境を管理できます。

  • Virtual SAN を使用する場合、新しい仮想マシンをデプロイするときに自動的に仮想マシン ストレージ ポリシーが割り当てられます。ストレージ ポリシーは、必要に応じて動的に変更できます。