Virtual SAN を有効にした後、単一のデータストアが作成されます。 Virtual SAN データストアの容量を確認できます。

このタスクについて

前提条件

Virtual SAN をアクティブ化してディスク グループを構成します。

手順

  1. vSphere Web Client で [ストレージ] に移動します。
  2. Virtual SAN データストアを選択します。
  3. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  4. Virtual SAN データストアの容量を確認します。

    Virtual SAN データストアのサイズは、ESXi ホストごとのキャパシティ デバイスの数と、クラスタ内の ESXi ホストの数によって決まります。 たとえば、ホストに 2 TB のキャパシティ デバイスが 7 台あり、クラスタにホストが 8 台含まれる場合、おおよそのストレージ容量は 7 x 2 TB x 8 = 112 TB になります。 オールフラッシュ構成を使用している場合、容量にはフラッシュ デバイスが使用されます。 ハイブリッド構成の場合、容量には磁気ディスクが使用されます。

    メタデータ用に一部の容量が割り当てられます。オンディスク フォーマット 1.0 の場合はキャパシティ デバイスあたり約 1 GB、オンディスク フォーマット 2.0 の場合はデバイスあたり約 1 ~ 2%が割り当てられます。オンディスク フォーマット バージョン 3.0 が必要とする容量は通常、デバイスあたり 1 ~ 2%以下です。ソフトウェア チェックサムが有効になっているデデュープおよび圧縮では、デバイスあたり約 6.2% の容量の追加のオーバーヘッドがかかります。

次のタスク

Virtual SAN データストアのストレージ機能を使用して仮想マシンのストレージ ポリシーを作成します。 詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。