クラスタの健全性チェックまたは RVC コマンドを使用して、手動でリバランスを行うことができます。

Virtual SAN ディスク バランスの健全性チェックに失敗した場合、vSphere Web Client で手動リバランスを開始できます。 [クラスタの健全性] で、Virtual SAN ディスク バランスの健全性チェックにアクセスし、ディスクのリバランス ボタンをクリックします。

次の RVC コマンドを使用して、手動でクラスタをリバランスします。

  • vsan.check_limits。 Virtual SAN クラスタ内の任意のキャパシティ デバイスがしきい値の上限である 80% に達しつつあるかどうかを確認します。

  • vsan.proactive_rebalance [opts]<Path to ClusterComputeResource> --start。 リバランス操作を手動で開始します。 コマンドを実行すると、コンポーネントの現在の分布に対して Virtual SAN でクラスタがスキャンされ、クラスタ内でのコンポーネントの均衡化が開始されます。 クラスタでのリバランス操作の実行時間や、各 Virtual SAN ホストで 1 時間あたりに移動するデータ量を指定するには、コマンド オプションを使用します。 Virtual SAN クラスタでのリバランス操作を管理するコマンド オプションの詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。

    クラスタのリバランスでは大量の I/O 操作が生成されるため、処理に時間がかかり、仮想マシンのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

プロビジョニングした領域が特定のしきい値に達した場合に、アラームを通知するよう構成できます。 Virtual SAN イベントの vCenter Server アラームの作成を参照してください。