Virtual SAN データストアの容量、デデュープと圧縮の効率、および容量使用量の内訳を監視できます。

このタスクについて

vSphere Web Client クラスタの [サマリ] タブには、Virtual SAN 容量のサマリが表示されます。 また、キャパシティ モニターで詳細情報も表示することもできます。

手順

  1. vSphere Web Client で、Virtual SAN クラスタに移動します。
  2. 監視 タブをクリックし、Virtual SAN をクリックします。
  3. 容量 を選択して、Virtual SAN 容量情報を表示します。

タスクの結果

[容量の概要] には、Virtual SAN データストアのストレージ容量(使用領域や空き領域など)が表示されます。 [使用済み容量の内訳] には、各オブジェクト タイプまたはデータ タイプで使用されている容量の割合が表示されます。 [データ タイプ] を選択すると、プライマリ仮想マシン データ、Virtual SAN のオーバーヘッド、および一時オーバーヘッドで使用されている容量のパーセントが Virtual SAN に表示されます。 [オブジェクト タイプ] を選択すると、次のオブジェクト タイプで使用されている容量のパーセントが Virtual SAN に表示されます。

  • 仮想ディスク数

  • VM ホーム オブジェクト

  • スワップ オブジェクト

  • パフォーマンス管理オブジェクト

  • .vmem ファイル

  • ファイル システムのオーバーヘッド

  • チェックサムのオーバーヘッド

  • スナップショット メモリ

  • デデュープおよび圧縮のオーバーヘッド

  • その他のオブジェクト(ユーザーが作成したファイルや仮想マシン テンプレートなど)

クラスタでデデュープおよび圧縮を有効にすると、[デデュープおよび圧縮の概要] にその機能に関する容量情報が表示されます。 デデュープおよび圧縮が有効になっている場合、ディスク領域の再要求および再割り当てが行われるため、容量の更新がキャパシティ モニターに反映されるまでに数分かかることがあります。 デデュープおよび圧縮の詳細については、デデュープおよび圧縮の使用を参照してください。