Virtual SAN をデプロイする前の重要な手順は、『VMware 互換性ガイド』を参照して、ストレージ デバイス、ドライバ、およびファームウェアが Virtual SAN と互換性があることを確認することです。

Virtual SAN と互換性があるいくつかのオプションの中から選択できます。

  • OEM ベンダーと VMware が Virtual SAN との互換性について有効性が確認されている物理サーバである、Virtual SAN Ready Node サーバを使用します。

  • 検証済みのデバイス モデルの中から個々のコンポーネントを選択して、ノードを構築します。

    VMware 互換性ガイド セクション

    確認するコンポーネント タイプ

    システム

    ESXi を実行する物理サーバ。

    Virtual SAN

    • ハイブリッド構成での磁気ディスク SAS または SATA モデル。

    • VMware 互換性ガイド』でのリストに含まれているフラッシュ デバイス モデル。 PCIe フラッシュ デバイスのモデルによっては、Virtual SAN と一緒に使用できるものもあります。 書き込みの耐久性とパフォーマンス クラスも考慮してください。

    • パススルーをサポートするストレージ コントローラ モデル。

      Virtual SAN は、各ストレージ デバイスが個々の RAID 0 グループとして表されている場合、RAID 0 モードに対応するように構成されているストレージ コントローラと連係動作することができます。