Virtual SAN クラスタのメンバーであるホストは、シャットダウン、再起動または切断する前にメンテナンス モードにする必要があります。

メンテナンス モードで操作する場合、次のガイドラインを考慮します。

  • ESXi ホストをメンテナンス モードにする場合、アクセシビリティの確保全データの移行 など、データ退避モードを選択する必要があります。

  • Virtual SAN クラスタのメンバー ホストのいずれかがメンテナンス モードになると、そのメンバー ホストがクラスタにストレージ容量を提供しなくなるため、クラスタ容量が自動的に減少します。

  • 仮想マシンの計算リソースはメンテナンス モードになっているホストに存在しない場合があり、仮想マシンのストレージ リソースはクラスタ内の任意の場所に配置されている可能性があります。

  • アクセシビリティの確保 モードは 全データの移行 モードより高速です。これは、アクセシビリティの確保 では仮想マシンを実行するために不可欠なコンポーネントのみをホストから移行するためです。 このモードの場合に障害が発生すると、仮想マシンの可用性に影響があります。 アクセシビリティの確保 モードを選択しても、障害時にデータが再保護されることはなく、予期せぬデータ損失が発生する可能性があります。

  • 全データの移行 モードを選択する場合は、リソースが使用可能で、許容する障害の数 を 1 以上に設定していれば、データは障害に対して自動的に再保護されます。 このモードの場合、ホストのすべてのコンポーネントが移行され、ホストに存在するデータ量によっては移行に長い時間を要する可能性もあります。 全データの移行 モードの場合、仮想マシンでは、予定されていたメンテナンスの期間であっても、障害を許容することができます。

  • 3 台のホストのクラスタを操作する場合、全データの移行 ではサーバをメンテナンス モードにできません。 可用性を最大限に高めるには、4 台以上のホストで構成されるクラスタを設計することを検討してください。

ホストをメンテナンス モードにする前に、次の点を確認する必要があります。

  • 全データの移行 モードを使用している場合、許容する障害の数 ポリシーの要件を満たすのに十分なホストおよび容量がクラスタにあることを確認します。

  • 残りのホストに、すべてのフラッシュ読み取りキャッシュの予約を処理するのに十分なフラッシュ容量があることを確認します。 RVC コマンド vsan.whatif_host_failures を実行して、ホストあたりの現在の容量使用率、単一ホスト障害によりクラスタで容量を使い果たしてしまうかどうか、さらに、クラスタ容量、キャッシュ予約、およびクラスタ コンポーネントへの影響を分析することができます。 RVC コマンドの詳細については、『RVC コマンド リファレンス ガイド』を参照してください。

  • ストライプ幅のポリシー要件がある場合は、その要件を処理するための十分なキャパシティ デバイスが残りのホストにあることを確認します。

  • 残りのホストに、メンテナンス モードになるホストから移行する必要があるデータ量を処理するための十分な空き容量があることを確認します。